胞状奇胎

良ければシェアをお願いします。

胞状奇胎

用語胞状奇胎

読み方ほうじょうきたい

胞状奇胎とは受精後に発生した胎芽(胎児になる部分)と絨毛の中で絨毛部分のみが異常増殖した状態です。妊娠初期に発生し、胎芽が発育している場合と胎芽が全く発育していない場合があります。

胞状奇胎の症状としては下腹部痛や不正出血、ひどいつわりがあり、このような症状がある場合は早めに医師の診察を受けるとよいでしょう。

関連記事

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...
https://tamagoo.jp/lifestyle/purpose-of-ultrasonography/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
胞状奇胎
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る