hCG注射

良ければシェアをお願いします。

hCG注射

用語hCG注射

読み方えいちしーじーちゅうしゃ

hCG注射とは、不妊治療に用いられる注射のことです。hCGとは、妊娠が成立すると分泌が増えるホルモンで、「絨毛性性腺刺激ホルモン」とも呼ばれています。hCG注射には、強制的に排卵を起こしたり、黄体ホルモンを補ったりする働きがあります。

妊娠率を高める反面、「卵巣過剰刺激症候群」と呼ばれる副作用が懸念されます。腹痛・吐き気などが挙げられますが、重症の場合下腹部の痛みに悩まされたり、腹水が大量に溜まったりすることがあります。

関連記事

hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...
妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人が稀にいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 その理由はひとつではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思います...
購読はいいねが便利です!
hCG注射
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る