Hcgホルモン

良ければシェアをお願いします。

Hcgホルモン

用語Hcgホルモン

読み方えいちしーじーほるもん

Hcgホルモンとは、ヒト絨毛性ホルモンのことを指します。妊娠するとお腹の赤ちゃんを育てようとする機能が働き、受胎直後から退治の栄養膜で生成され、卵巣にある黄体の分解を防いで妊娠に重要な役割を果たすプロゲステロンを産生します。

hCGは着床してから体内で作られ、生理予定日(妊娠4週目)頃から尿の中に出てきます。その後、妊娠2カ月から3カ月くらいにかけて大量に作られ出産までの間維持していきます。

関連記事

妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人が稀にいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 その理由はひとつではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思います...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
着床出血はいつから?症状や量で生理と見分ける方法
普段通り生理が来たと思ったら、のちに妊娠していたことが判明!そんな経験をする人が稀にいるようです。 これは、妊娠超初期症状の1つである着床出血というものですが、妊娠時にこの症状が見られる人はなんと全体の2%ほど。50人に1人というとても少ない割合なのです。 確かに、出血を伴う症状ですから生理...
購読はいいねが便利です!
Hcgホルモン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る