B群溶連菌

スポンサーリンク
B群溶連菌

用語B群溶連菌

読み方びーぐんようれんきん

B群溶連菌とは膣内に生息している細菌です。この細菌を持っていることによって母体への影響はありませんが、胎児が産道を通って産まれてきた時に感染すると大きな病気につながる恐れがあります。

そのため妊婦は事前に自分の膣内にB群溶連菌が生息しているかを検査しなければいけません。この菌から子どもを守るためには分娩時にペニシリンを投与します。

関連記事

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるの...
妊娠前にしておきたい検査!五つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健...
【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思い...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
B群溶連菌
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る