B群溶連菌

良ければシェアをお願いします。

B群溶連菌

用語B群溶連菌

読み方びーぐんようれんきん

B群溶連菌とは膣内に生息している細菌です。この細菌を持っていることによって母体への影響はありませんが、胎児が産道を通って産まれてきた時に感染すると大きな病気につながる恐れがあります。

そのため妊婦は事前に自分の膣内にB群溶連菌が生息しているかを検査しなければいけません。この菌から子どもを守るためには分娩時にペニシリンを投与します。

関連記事

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...
https://tamagoo.jp/pregnant/infectious-disease-during-pregnancy/

購読はいいねが便利です!
B群溶連菌
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る