妊娠性鼻炎

良ければシェアをお願いします。

妊娠性鼻炎

用語妊娠性鼻炎

読み方にんしんせいびえん

妊娠性鼻炎とは鼻水やくしゃみといった鼻炎の症状が、妊娠を期に突然現れるものをいいます。症状の出る時期は、妊娠のごく初期に出る場合や出産の2か月ほど前から出るものなど様々で、出産後2週間ほどで治癒します。

原因はホルモンバランスの変化による自律神経の乱れや、免疫力の低下などです。治療方法は胎盤の形成時期や胎児の成長に合わせたものを行い、胎児に影響を及ぼさないものが中心になります。妊娠前から、このような症状を知っておき適切な治療を受けることが大切です。

関連記事

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠性鼻炎
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る