外陰ヘルペス

良ければシェアをお願いします。

外陰ヘルペス

用語外陰ヘルペス

読み方がいいんへるぺす

外陰ヘルペスは性感染症の一つです。妊娠中に発症すると、症状が長引くことが多く、胎児への影響も心配されます。しかし、この病気は妊娠や出産に大きな影響がないことが多いのが特徴です。

妊娠前や妊娠中期までに感染した場合は、胎児への感染の可能性は低い場合がほとんどです。しかし、30週以降に感染した場合は、新生児ヘルペスの可能性もありますので、産科医とよく相談しましょう。

関連記事

出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...
【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思いますが、特に気をきけておきたいことは、感染症の予防をするということです。今回はそのことからも、出産経験がある女性100人の方々に、妊娠中に感染症を引き起こしたこ...
https://tamagoo.jp/pregnant/impending-premature-birth/

購読はいいねが便利です!
外陰ヘルペス
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る