鉗子分娩

良ければシェアをお願いします。

鉗子分娩

用語鉗子分娩

読み方かんしぶんべん

鉗子分娩とは、経膣分娩の時に行われる出産の際の処置の事です。通常なら、分娩の際に子宮口から徐々に下りてくる赤ちゃんの頭がなかなか下りてこない場合に、専用の器具で赤ちゃんの頭を挟んで出産させます。

これは、長時間出てこれない事で赤ちゃんの心拍が下がってしまったり、母体に悪い影響が出てしまうのを防ぐためです。

関連記事

無痛分娩
用語無痛分娩 読み方むつうぶんべん 無痛分娩とは、麻酔を使って出産することで出産の痛みを軽減しながら出産する方法のことです。その名前から、全く痛みがないものと勘違いされがちですが、あくまで痛みが軽減されるというものであり、意識もしっかりある状態での分娩となります。無痛分娩...
出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
https://tamagoo.jp/give-birth/about-labor-pains/

購読はいいねが便利です!
鉗子分娩
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る