卵胞刺激ホルモン

良ければシェアをお願いします。

卵胞刺激ホルモン

用語卵胞刺激ホルモン

読み方らんほうしげきほるもん

卵胞刺激ホルモンとは、FSHと略し、卵胞を育てるために分泌されるホルモンです。

血液検査をすることで卵胞刺激ホルモンの値をはかることができるのですが、この値を調べることは妊娠しやすいかどうかの指標のひとつになります。この値が高いと妊娠しにいくので、通院して投薬し、妊娠しやすい値まで調整する必要があるということです。

関連記事

病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
妊娠しやすい体作りのために今すぐ辞めたい5つのNG妊活
赤ちゃんが欲しいと思っていても、なかなか妊娠の兆候が見られないと、何がいけないのかと悩んでしまいがちです。まずは妊活の第一歩として、ご自身のライフスタイルの中で「妊娠しやすい体作り」の邪魔をしていることがないか、もう一度おさらいしてみましょう。生活を見直すことにより、意外と身近なところに改善...
不妊の原因になる黄体機能不全の症状・原因・治療法
黄体機能不全とは、その名の通り黄体ホルモンを放出する黄体が上手く機能していない病気です。黄体ホルモンは女性の体にとって大切な働きをするホルモンで、排卵前に基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くしたりする役割を果たしています。 黄体期に目立った自覚症状が少ないことから変化に気がつかない人も多く、今まで...
購読はいいねが便利です!
卵胞刺激ホルモン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る