卵膜

良ければシェアをお願いします。

卵膜

用語卵膜

読み方らんまく

卵膜とは羊水を含んでいる膜で、この膜が破けると破水が起こります。

卵膜の構造は、母体由来の脱落膜と胎児由来の絨毛膜羊膜の3つから構成されていて、脱落膜はさらに床脱落膜と被脱落膜、壁脱落の3つに分かれています。

絨毛膜は脱落膜と羊膜の間に位置し、栗のイガのような外観で妊卵の全表面を覆っています。羊膜は羊水を分泌して胎児を守る役割をしています。

関連記事

流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&
破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候
経産婦さんは、初産婦さんと比べるとお産の進みが早いと言われています。そのため、出産兆候に敏感になっていないと、病院に間に合わないといったケースが懸念されます。 ここでは、経産婦さんが知っておくべき4つの出産兆候をまとめてみました。これを知っておくだけで、お産をより安定した気持ちで迎えることがで...
購読はいいねが便利です!
卵膜
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る