胎児発育不全

良ければシェアをお願いします。

胎児発育不全

用語胎児発育不全

読み方たいじはついくふぜん

胎児発育不全とは子宮内にいる胎児の発育が在胎週数の発育まで進んでおらず、発育が遅延している状態のことをいいます。胎児発育不全の原因としては、低栄養である場合と胎児側の要因である場合の2つに分かれます。

低栄養の場合は妊娠高血圧症などの母体異常が原因となっていて、胎児側の要因である場合は染色体異常や奇形が原因になっています。

関連記事

本当は怖い?食べつわりの注意点と4つの対策術
妊娠中のつわりは、人によってさまざまですが、症状が重い人には本当に大変です。吐きつわりもかなり苦しいですが、食べつわりもきちんと対策を練っていないと、怖いことになります。太るのが怖いし、かといって食べないと気持ち悪いしと、悪循環にはまってしまう人も多いでしょう。場合によっては、胎児に影響が出るこ...
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...
https://tamagoo.jp/pregnant/4-disease-during-pregnancy/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
胎児発育不全
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る