胎児アルコール症候群

良ければシェアをお願いします。

胎児アルコール症候群

用語胎児アルコール症候群

読み方たいじあるこーるしょうこうぐん

胎児アルコール症候群とは、妊婦がアルコールを摂取することで胎児に及ぼす先天性の疾患です。妊娠中の飲酒は、胎児や生まれてきた乳児にさまざまな障害を引き起こす可能性があります。

具体的には、低体重や顔面への奇形障害・または脳障害などです。妊娠に気がついたらすぐに禁酒をしましょう。妊娠中の禁酒で胎児や乳児を危険から守ることができます。

関連記事

「妊娠しにくい」を「しやすい」に変える!妊娠力を高めるのに必要な3つの方法
妊活を始めて数ヶ月…「なかなか授からないなぁ、もしかしたら妊娠しにくい体質なのかな…」という不安をお持ちではないですか? しかし、赤ちゃんは欲しいと思ってすぐに授かるわけではありません。まずは母親になる自分の身体を見直してみましょう。 例えば、赤ちゃんをお腹の中で育てるためには、お母...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
胎児アルコール症候群
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る