排卵誘発剤

良ければシェアをお願いします。

排卵誘発剤

用語排卵誘発剤

読み方はいらんゆうはつざい

排卵誘発剤とは、卵子卵巣から排出するのを促す薬を指します。クロミフェン製剤という内服薬がよく使用されており、副作用も比較的少なく安全性が高いことで知られています。

一般的に生理不順排卵障害が原因の不妊症治療に用いられますが、排卵している場合においても人工授精などの時、妊娠率を上げるためにも使われます。

関連記事

低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
【調査】妊活の期間って平均どのくらい?
■ たまGoo!編集部が聞く! たまGoo!編集部にて出産経験のある女性100人にアンケートをとってみました。早速見ていきましょう。 妊活は、どのくらいの期間続けましたか? ■ 調査結果 1位 半年・・・31% 2位 1年・・・19% 3位 3ヶ月・・・15% 4位 2...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
排卵誘発剤
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る