エコノミークラス症候群

良ければシェアをお願いします。

エコノミークラス症候群

用語エコノミークラス症候群

読み方えこのみーくらすしょうこうぐん

エコノミークラス症候群とは血栓が肺動脈に詰まってしまう急性肺動脈血栓塞栓症のことで、同じ姿勢が長く続くことで起こりやすい病気です。

特に、妊婦は子宮が大きくなることで血流が悪くなり、血栓ができやすい状態にあるので、エコノミークラス症候群の発症に注意しなくてはいけません。水分を十分に摂取して、常に体の位置を変えたりマッサージをすることが大切です。

関連記事

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...
妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。 果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。 温泉法の...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
エコノミークラス症候群
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る