超音波検査

良ければシェアをお願いします。

超音波検査

用語超音波検査

読み方ちょうおんぱけんさ

超音波検査とは、超音波を体に当て、はね返る反射波を画像化して子宮など臓器の状態を調べる検査を指します。検査をすることで、子宮や卵巣の位置確認や妊娠の有無、子宮筋腫などを発見できます。超音波検査には大きく分けて経腹法と経膣法があります。

経腹法は探蝕子をお腹に当てて検査し、さまざまな角度・広範囲を観察できます。経膣法は、探蝕子を直接膣の中に入れて検査する方法です。探蝕子と子宮の距離が近いので、より鮮明な画像を見ることができます。

関連記事

妊婦さんが気になる!エコー検査(超音波検査)の目的とは
妊婦健診で毎回受けるエコー検査(超音波検査)、赤ちゃんの成長を知ることができて楽しみにしているママも多いことでしょう。写真を貰って帰れることが多いため、成長記録として家族で大切に保管されています。 しかし、ドクターにとってのエコー検査は妊娠初期から赤ちゃんや胎盤などの様子を観察するための重要な...
骨盤腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
『骨盤腹膜炎』という病気を聞いたことはありますか?もしかすると「そもそも骨盤ってどういう役割かよく知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。骨盤とは腸や子宮などの内臓、生殖器を守るためにある骨のことを指します。これらは3つの骨から構成されており、人間の姿勢を保ったり、上体と下肢をつな...
費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...
購読はいいねが便利です!
超音波検査
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る