播種性血管内凝固症候群

良ければシェアをお願いします。

播種性血管内凝固症候群

用語播種性血管内凝固症候群

読み方はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん

様々な重症の基礎疾患により血液の凝固能力が高まり過ぎて、毛細血管の中で血栓が出来ることがあります。それにより臓器不全などを起こすことがあります。

これを播種性血管内凝固症候群と言います。略称はDICです。そのうち妊婦にみられる基礎疾患を要因として起こるDICを産科DICといいます。この基礎疾患には、分娩時産道裂傷や弛緩出血や前置胎盤などがあります。

関連記事

流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&
早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...
https://tamagoo.jp/give-birth/basic-knowledge-of-the-cesarean-operation/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
播種性血管内凝固症候群
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る