糖尿病腎症

良ければシェアをお願いします。

糖尿病腎症

用語糖尿病腎症

読み方とうにょうびょうじんしょう

糖尿病腎症とは、糖尿病の合併症の一つです。糖尿病で血糖のコントロールが長年不良であると、糸球体が硬化して蛋白尿が出始め、ついには腎臓が働かなくなって老廃物をろ過できなくなります。

糖尿病腎症患者の妊娠、出産は、その時期を主治医と十分相談のうえ、血糖コントロールを良好に保ち、腎不全を起こさないよう万全の注意を払うことが必要です。

関連記事

妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
生活習慣病のひとつでもある『糖尿病』。よく耳にする病名ですが、実際はどのような病気かご存知ですか?糖尿病とは血糖値という血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度の値が高くなる病気です。 国民の5人に1人が患者かその予備軍と言われています。一度発症したら完治することはありません。 しかし、血糖値を正常な...
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...
購読はいいねが便利です!
糖尿病腎症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る