乳臼歯交叉咬合

スポンサーリンク
乳臼歯交叉咬合

用語乳臼歯交叉咬合

読み方にゅうきゅうしこうさこうごう

乳臼歯交叉咬合とは、上下の歯がきちんと縦にそろっていない状態の事を指します。下の顎が横にずれてしまい、早い段階での歯列矯正をしたほうがいいと言われています。

原因の大部分は、「おしゃぶり」にあります。「おしゃぶり」は、なるべく早い段階で使用を中止した方がいいそうです。妊活中の方は、知っておいた方が良い知識です。

関連記事

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット 赤ちゃんの精神安定剤ともいうべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも...
赤ちゃんの頭の形をよくしたい!今すぐできる五つの矯正法
生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、とてもデリケートです。まだ骨がやわらかくて変形しやすいため、寝ているときの向き癖や抱き癖が原因で形がいび...
母乳がでない?今すぐ試したい母乳育児、五つのコツ
母乳育児が推奨される理由は、たくさんあります。母乳には赤ちゃんに必要な栄養が豊富に含まれていることはもちろん、乳幼児突然死症候群(SID...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
乳臼歯交叉咬合
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る