乳臼歯交叉咬合

良ければシェアをお願いします。

乳臼歯交叉咬合

用語乳臼歯交叉咬合

読み方にゅうきゅうしこうさこうごう

乳臼歯交叉咬合とは、上下の歯がきちんと縦にそろっていない状態の事を指します。下の顎が横にずれてしまい、早い段階での歯列矯正をしたほうがいいと言われています。

原因の大部分は、「おしゃぶり」にあります。「おしゃぶり」は、なるべく早い段階で使用を中止した方がいいそうです。妊活中の方は、知っておいた方が良い知識です。

関連記事

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
赤ちゃんの頭の形を良くしたい!今すぐできる5つの矯正法
生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、とてもデリケートです。まだ骨がやわらかくて変形しやすいため、寝ているときの向き癖や抱き癖が原因で形がいびつになってしまうことがあります。また、子宮内の環境が狭いことや、出産時に通る産道が狭いこと、吸引分娩によって頭を引っ張られることなども赤ちゃんの頭を変形させてし...
母乳が出ない?今すぐ試したい母乳育児5つのコツ
母乳育児が推奨される理由は、たくさんあります。母乳には赤ちゃんに必要な栄養が豊富に含まれていることはもちろん、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを大幅に減らしてくれたり、免疫力を高めて病気にかかりにくくしてくれたりなど、メリットを挙げたらきりがないほどです。また、子宮の回復を早めたり、母性愛...
購読はいいねが便利です!
乳臼歯交叉咬合
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る