脱落膜

良ければシェアをお願いします。

脱落膜

用語脱落膜

読み方だつらくまく

脱落膜とは、妊娠するために大きく増殖し、分厚く柔らかく変化した子宮の粘膜のことです。この粘膜は女性ホルモンによって厚く柔らかくされます。脱落膜は受精卵が着床し、妊娠が成立するために必要なものであり、後に一部が胎盤になります。

そして、残りは妊娠が進み、無事に胎児が生まれた後、剥離します。しかし、これは太り過ぎてしまうと受精卵が子宮内膜に着床しにくくなるので、肥満には注意が必要です。

関連記事

流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10ヶ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処するこ...
https://tamagoo.jp/pregnant/rest-at-home/

購読はいいねが便利です!
脱落膜
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る