チアノーゼ

良ければシェアをお願いします。

チアノーゼ

用語チアノーゼ

読み方ちあのーぜ

チアノーゼとは血液中の酸素濃度が下がり、皮膚の一部が紫や黒色などに変色する状態のことを言います。

産まれて間もない赤ちゃんは授乳中にチアノーゼが出ることがありますが、原因の多くはまだ吸い方が上手ではないため、吸う時に息が止まってしまったりおっぱいに顔を近づけぎることです。授乳に慣れてくると赤ちゃんの吸い方も上手になります。

関連記事

授乳中、妊娠中も気にせず水道水を飲んでも平気?
妊娠をすると、自分の体が1人のものではないということを強く意識しませんか?お腹の中に新しい生命が誕生し、胎動を感じるようになれば、赤ちゃんの成長とともにそのような自覚が自然と芽生えるものです。赤ちゃんを出産し、育児真っ最中のお母さんはなおさらのことでしょう。 今回はそんな妊婦さんやお母さんに知...
母乳とミルクの混合育児のコツを伝授!
待望の赤ちゃんが産まれて、ママにとってもはじめての経験となる授乳。できれば母乳で育てたいと考えているママも、ミルクでもあげた方が良いのかと不安になったり、授乳に関しての悩みや疑問が出てきたりと、不安になることが多くなりますよね。 ここでは、そうした授乳に関する悩みと共に、母乳とミルクの混合育児...
https://tamagoo.jp/childcare/mothers-milk-and-milk/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
チアノーゼ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る