クマリン

クマリン

用語クマリン

読み方くまりん

クマリンは、シナモンの中でも特にカシアシナモンに多く含まれる成分です。この成分は摂取し過ぎると肝機能障害を起こすだけでなく、妊婦の流産のリスクを高めてしまいます。

メカニズムとしては、シナモンの香り成分であるシンナムアルデヒドが子宮を収縮させてしまうため、胎児は心拍数が上がり、母体は流産してしまうかもしれないのです。ですから、妊娠中は出来るだけシナモンが含まれる食品を控えましょう。

関連記事

リスクが高い食材?シナモンの妊婦さんへの影響
リスクが高い食材?シナモンの妊婦さんへの影響
シナモンには、老化防止、シミ・シワ・たるみ予防など美容をサポートする効果や、中性脂肪・コレステロールを下げる効果、脂肪細胞などを減らす効...
妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの・妊婦さん必見!
妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの・妊婦さん必見!
妊娠中は、体にいいものを意識した食事内容にしていれば基本的に問題ありません。しかし、中には胎児に悪影響が出てしまう食べものもあります。こ...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき五つの食べもの
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき五つの食べもの
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べものでも、赤ちゃんが...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
クマリン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る