小児喘息

小児喘息

用語小児喘息

読み方しょうにぜんそく

小児喘息とは、アレルギー反応やその他の刺激によって咳やゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴や呼吸困難が繰り返し起こる症状のことをいいます。

喘息の発作は夜間に多く起こり、布団に入ってすぐ咳や痰が出てヒューヒューという音が出ます。呼吸をするのが苦しくなるので横になっていることができず、3歳以下の赤ちゃんの場合は不機嫌になり激しく泣き出してしまう場合があります。

関連記事

妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動四選
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動四選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。確かに、おなかはどんどん大きくなっていきますし、もしものこと...

【医師監修】急性気管支炎の症状・原因・治療法まとめ
【医師監修】急性気管支炎の症状・原因・治療法まとめ
幼児は風邪やインフルエンザなどがきっかけで、気管支炎を併発するケースが多いといわれています。重症化すると入院し、肺炎にいたってしまう...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
小児喘息
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る