ケミカル・プレグナンシー

良ければシェアをお願いします。

ケミカル・プレグナンシー

用語ケミカル・プレグナンシー

読み方けみかる・ぷれぐなんしー

ケミカル・プレグナンシーとは、化学的妊娠のことで、子宮内に胎嚢が確認できる前に発育がストップしてしまうことをいいます。ケミカル・プレグナンシーが続くとケミカル・アボーション(化学的流産)となり、生理の血と一緒に体外に出てきます。

どちらの状態にも気づかない女性は多く、健康的な男女にも起こる可能性は十分ありえることです。

関連記事

妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人が稀にいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 その理由はひとつではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思います...
陰性・陽性?どっち?子宮外妊娠を疑う3つの症状
妊娠検査薬を使って陽性反応が出れば、当然喜ぶことだと思います。しかし、世の中の妊娠者のうち、約1%ほどですが子宮外妊娠になってしまうケースがあります。一見少ない確率のように思えますが、10000人の妊婦さんがのうち、100人がそうなる可能性を持っているということですから決して安心できない数字です...
https://tamagoo.jp/ninkatsu/best-timing-of-child-making/

購読はいいねが便利です!
ケミカル・プレグナンシー
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る