化学流産

良ければシェアをお願いします。

化学流産

用語化学流産

読み方かがくりゅうざん

流産には様々な種類がありますが、その内、妊娠超初期までに起こる流産を化学流産といいます。この流産は、受精卵が子宮に着床したものの、妊娠6週目頃までに胎嚢が確認できず、組織が体外に流れ出ることを言います。

その原因の多くは母体側の問題ではなく、受精卵の染色体異常です。化学流産は自覚症状がないか、生理と同じ程度の出血の場合がほとんどのため、妊娠や流産に気づかないままのケースも多いと言われています。

関連記事

妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人が稀にいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 その理由はひとつではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思います...
【調査】流産の種類も様々?流産を経験した人の割合について
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊娠すると、誰もが心配になる流産。初めての妊娠や出産を経験される方は特に心配になると思います。今回は、妊娠・出産の経験をした女性100名に流産の経験があるのかどうか、アンケートをとってみました。 Q. 流産の経験をしたことがありますか? ...
https://tamagoo.jp/ninkatsu/why-pregnancy-test-changes-from-negative-to-positive/

購読はいいねが便利です!
化学流産
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る