子宮頸管炎

良ければシェアをお願いします。

子宮頸管炎

用語子宮頸管炎

読み方しきゅうけいかんえん

子宮頸管炎とは頸管粘液に炎症が生じる病気のことです。元々膣内に存在する大腸菌や連鎖球菌によって引き起こされることもありますし、性交渉によってクラミジアに感染して起こることもあります。

発症するとおりものの量が増え、急性の場合は下腹部に痛みを感じたり発熱が見られます。治療は主に消炎薬や抗生物質を内服することで行います。

関連記事

クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
『クラミジア』という菌をご存知ですか?正式名称は『クラミジアトラコマティス』という病原体です。クラミジア感染症は淋菌感染症などと同じ、性病のひとつです。実は日本で一番感染者数の多い性病なのです。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上とも言われています。 特に10代後半から20代にかけて...
病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子宮頸管炎
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る