子宮頸管無力症

良ければシェアをお願いします。

子宮頸管無力症

用語子宮頸管無力症

読み方しきゅうけいかんむりょくしょう

子宮頸管は出産時に胎児の通り道になる器官ですが、陣痛が始まってもいないのにここが開いてしまうことがあります。この症状を「子宮頸管無力症」と言い、切迫流産の原因にもなりえます。

最初の頃は自覚症状が出ないのですが、超音波検査などを行うことで早期発見ができます。子宮頸管を縫い止める手術によって治療が可能です。

関連記事

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10ヶ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処するこ...
妊婦さんが気になる!エコー検査(超音波検査)の目的とは
妊婦健診で毎回受けるエコー検査(超音波検査)、赤ちゃんの成長を知ることができて楽しみにしているママも多いことでしょう。写真を貰って帰れることが多いため、成長記録として家族で大切に保管されています。 しかし、ドクターにとってのエコー検査は妊娠初期から赤ちゃんや胎盤などの様子を観察するための重要な...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子宮頸管無力症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る