カテキン

カテキン

用語カテキン

読み方かてきん

カテキンについて

水溶性ポリフェノールの一種であるカテキンは、緑茶や紅茶に含まれる渋み成分です。虫歯の原因になりにくい食品、体脂肪が気になる人に向けた食品として特定保険用食品が認められており、茶カテキンを使用した商品があります。主に、抗酸化作用やコレステロールの低下作用、抗菌作用などに効果を期待でき、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮がん、胃がん、卵巣がんなどのリスク低減にも有効とされています。

カテキンの効果は?
抗酸化作用やコレステロールの低下作用、抗菌作用などに効果を期待でき、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮がん、胃がん、卵巣がんなどのリスク低減にも有効とされています。

カテキンの副作用
カテキンを含む茶類の飲料において混在するカフェインの摂取により、300mg以上の摂取で利尿作用や血圧上昇、頭痛などの症状が現れる恐れがあり、特にカフェインに過敏な人は注意が必要です。

妊活中の摂取に関して
妊娠初期の茶飲料の摂取では1日3カップ以上飲むことで、胎児の二分脊髄発症リスクが増加する傾向が認められているため、適量にとどめてください。

妊娠中・授乳期の摂取に関して
妊娠中および授乳期の摂取は適量であれば安全とされていますが、カテキンをサプリメントとした摂取では安全とされる臨床データが不十分なため、安全を考慮し控えてください。

参考文献
健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017 一般社団法人 日本健康食品・サプリメント情報センター

関連記事

葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸とは 葉酸は、ビタミンB群の仲間で、体内で遺伝物質であるDNAの生成や、赤血球を作るためには欠かせないビタミンです。葉酸が不足...
妊娠中にお茶はNGって本当?飲んでもいいお茶もある?
妊娠中にお茶はNGって本当?飲んでもいいお茶もある?
妊娠中に口にする食べものや飲み物は、慎重に選びたいですよね。妊婦は「カフェイン」が含まれるコーヒーを飲まないほうがよいことは知られていま...
【医師監修】冬になると大はやりノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア
【医師監修】冬になると大はやりノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア
冬になると大はやりする「ノロウイルス」。大変恐ろしいこのウイルスですが、「名前だけは知っているけれど、どういうものかよくわかっていな...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
カテキン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る