人工授精(じんこうじゅせい)

良ければシェアをお願いします。

人工授精

用語人工授精

読み方じんこうじゅせい

人工授精とは、女性の子宮の中に人為的に精子を注入して授精させる生殖医療技術を指します。また、配偶者が提供した精子を用いることを「配偶者間人工授精」、第三者から提供された精子を用いることを「非配偶者間人工授精」と呼びます。

男性の精子に問題がある時に人工授精が行われます。例えば、精子の数が少ない、子宮の中に精子が上手く放出されないことなどが挙げられます。このような場合、人工授精をすると妊娠の確率を高めることができます。

関連記事

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...
購読はいいねが便利です!
人工授精(じんこうじゅせい)
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る