原始細胞

スポンサーリンク
原始細胞

用語原始細胞

読み方げんしさいぼう

原始細胞とは、卵子のもとのことです。女性は生まれる前に700万個ほどの原始細胞(原始卵胞)を体内にもっています。この卵胞が、初潮を迎えることで脳から分泌される卵胞刺激ホルモンによって成長します。

約300個の原始卵胞の中から首席卵胞になったひとつのみが排卵されます。原始卵胞は一度の生理周期で約1000個減少します。

関連記事

排卵⇒受精⇒着床⇒妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人たちも少なくありません。妊娠までの流れは大きく四つのステップに分かれており、全てク...
子作りのベストタイミングとは?妊娠しやすい日はここだ!
子供が欲しいと望んですぐに授かる場合もあれば、なかなか子宝に恵まれないということもあります。中には、特に意識したわけではないのに授かった...
排卵日から計算?女の子と男の子を産み分ける3つの方法
子供を2人欲しいとは考えているけれど、一姫二太郎という言葉があるように、最初は女の子で次に男の子がほしい…けれど、女の子と男の子を産...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
原始細胞
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る