AIH(配偶者間人工授精)

良ければシェアをお願いします。

AIH(配偶者間人工授精)

用語AIH(配偶者間人工授精

読み方えーあいえいち

AIH(配偶者間人工授精)とは、カテーテルを用いてパートナーの精子を直接子宮内に注入し、受精の確率を上げる不妊治療の一つです。対称となるのは、軽度の男性不妊ED、頸管粘液分泌不全、タイミング療法を1年以上続けていても妊娠に至らない方などが挙げられます。

不妊治療といっても自然に近い形で妊娠でき、妊娠率も高いことがメリットですが、排卵誘発の際の副作用があったり、女性が高齢の場合にはあまり効果が期待できなかったりなどのデメリットもあります。

関連記事

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...
【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...
知らないと危険?男性不妊の4つの原因
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない・・・。」とお困りの方、実は妊娠しない理由は男性にもあるかもしれません。男性が原因の不妊は48%と言われていて、その割合も近年増加傾向にあります。パートナーに任せっきりにせず、自分自身も男性不妊についてしっかりと理解したうえで妊活に取り組んでいきましょう...
購読はいいねが便利です!
AIH(配偶者間人工授精)
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る