後陣痛

良ければシェアをお願いします。

後陣痛

用語後陣痛

読み方あとじんつう

後陣痛とは分娩終了後の産褥初期に起こる痛みのことで、子宮収縮によって引き起こされます。後陣痛の原因は胎児や胎盤が摘出された後の子宮内圧の消失という物理的要因とオキシトシンなどの薬剤が原因である場合があります。

症状は下腹部痛が産褥数日間にみられ、授乳により痛みが増します。また経産婦により強い症状が出るのが特徴になっています。

関連記事

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...
陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...
購読はいいねが便利です!
後陣痛
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る