高齢出産

良ければシェアをお願いします。

高齢出産

用語高齢出産

読み方こうれいしゅっさん

高齢出産とは、医学上もしくは統計上女性が35歳以上で赤ちゃんを出産することを指します。その中でも50歳以降の出産を「超高齢出産」と呼ぶこともあります。

高齢出産のリスクとして、加齢によって卵子精子の質が下がり受精しない確率が上がること、ダウン症候群などの障害をもった赤ちゃんが生まれる危険性が高まること、妊娠中に病気にかかりやすかったり早産難産の可能性が高まることなどが挙げられます。

関連記事

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...
ダウン症になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...
購読はいいねが便利です!
高齢出産
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る