常位胎盤早期剥離

良ければシェアをお願いします。

常位胎盤早期剥離

用語常位胎盤早期剥離

読み方じょういたいばんそうきはくり

常位胎盤早期剥離は正常な分娩の前に、何らかの原因によって胎盤が子宮から剥がれてしまうことです。通常の分娩では胎児の出産後に胎盤が剥がれて出てきます。

常位胎盤早期剥離が起こると、胎盤から胎児に送られる酸素と栄養が絶たれ、胎児は非常に危険な状態になります。妊娠中に起きるさまざまなトラブルの中でも深刻で母子ともにリスクがあります。

関連記事

妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...
流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
常位胎盤早期剥離
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る