世界の高齢出産事情はどう?日本とはどう違う?

スポンサーリンク

高齢出産

近年、日本でも耳にすることの多くなった「高齢出産」というワード。日本ではまだまだ敬遠されがちなイメージの高齢出産ですが、世界の国々ではどのように捉えられているのでしょうか。ここでは、出生率や高齢出産の概念、サポート体制など、高齢出産のアレコレを世界の主要国と日本との違いを交えながら詳しくご紹介していきます。

出生率と密接に関わる高齢出産とは

日本同様、海外でも出生率は年々低下してきています。しかしながら、いくつかの先進国では出生率が回復してきており、その要因の1つに高齢出産が増えていることが挙げられます。ここでは、そうした出生率と高齢出産の関係について詳しくご紹介していきます。

世界全体でも出生率は年々低下している

3人兄妹
日本では近年、出生率の低下が問題になっていますが、これはその他の主要先進国でも同じです。女性の社会進出や晩婚化によって、世界全体でも出生率は年々低下しており、世界的に少子化が進んでいるのです。そんな中、政策や経済的支援の変換などによって、1度は減少傾向にあった出生率を回復させている国もいくつかあります。

出生率の回復の鍵は高齢出産?!

主要国のうち、出生率を大きく回復させているのはフランス、スウェーデン、イギリスの3か国です。これは各国が経済的支援の充実や子育て環境の整備を進めている結果ですが、これらの国ではいずれも35歳以上の出産の出生率が日本と比べて高くなっているというデータもあり、いわゆる高齢出産の増加も国全体の出生率を上げる一因となっていると考えられます。特にイギリスでは2013年には50歳以上の出産が700人を超えたというデータがあり、高齢出産が大きく増加していることを物語っています。

出典元:世界各国の出生率www8.cao.go.jp

日本と海外における高齢出産の定義

日本では「35歳以上の初産婦」を「高齢出産」として定義していますが、海外ではどうなのでしょうか?国によっては「高齢出産」という概念がないところもありますが、一般的には欧米では高齢出産は「Advanced Maternal Age」と呼ばれ、日本同様、WHO(世界保健機構)でも35歳以上の出産がこれにあたるとされています。

合わせて読みたい

高齢出産だと卵膜剥離を促される?子宮口の硬さと分娩時間の関係性
日本産婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの出産を「高齢出産」といいます。近年の晩婚化に伴って、高齢出産をされる方が多くなってき...

高齢出産が増えているのはどうして?

中間子
上記で上げた3か国に限らず、高齢出産の割合は日本でも世界でも年々増加傾向にあります。ギネスブックでの出産の最高齢の記録は66歳とされており、今や高齢出産は当たり前の時代になってきています。ではなぜこのように高齢出産が増えてきたのでしょうか。ここではその理由を探っていきたいと思います。

高齢出産の増加を支える医療技術の進化

近年の医療の進歩には目を見張るものがあります。年齢が上がるにつれて妊娠しにくくなるというのは人間の体にとっては当たり前のことですが、そのような場合にも体外受精や不妊治療といった医療技術を駆使することによって、赤ちゃんを授かることのできる確率は高まってきています。こうした医療技術の進化が、日本だけではなく世界中で高齢出産が増加している要因の1つであると考えられます。

不妊治療に対する補助制度の充実

欧米諸国では不妊治療に対する補助制度を充実させている国が多くあります。そのほとんどは高齢出産とされる43歳までの補助であり、一方で49歳を超えてからの人工授精は法律で禁止している国もあります。日本でも、平成26年から体外受精等の不妊治療に対する補助制度が変更され、より多くの人が不妊治療を受けられる環境づくりが進められています。

高齢出産をより身近なものにしたセレブ達の出産

海外では、女優のニコール・キッドマンや歌手のマライア・キャリーといった超大物有名人が40代で出産していることが大きく報じられています。また、今年の1月には50歳で男児を出産したジャネット・ジャクソンのニュースも世界を驚かせましたね。こういったハリウッドセレブたちの高齢出産が増えていること、そして彼女たちの出産が社会的にも認められていることも、高齢出産というものに対する抵抗感をなくし、社会全体でも高齢出産の割合が高くなっている一因であると考えられます。日本では有名人が高齢出産を発表してもまだまだ批判的な意見が多いことを考えると、海外の高齢出産事情は日本よりも大分進んでいると言えるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!
厚生労働省の出産統計によれば、昨今は出産総数のうち5人に1人強が、35歳以上での「高齢出産」という割合になっています。わざわざ「高齢...
小学生と2歳の息子二人に囲まれ、怒ったり笑ったりを繰り返しながら毎日賑やかに過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
世界の高齢出産事情はどう?日本とはどう違う?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る