夫婦で考える高齢出産 夫が妻にできること

スポンサーリンク

夫婦が話し合う

高齢出産は、妊娠中から思いがけないトラブルが起きたり、産後も身体への負担が通常よりも大きくなる傾向にあります。

そんな高齢出産には、夫のサポートは絶対不可欠です。まずは夫は高齢出産について知り、妊婦にどのような変化が起こるのか、また夫はどのようなサポートができるのか考え、妻を精一杯支えていきましょう。

夫婦で知っておきたい高齢出産について

高齢出産という言葉は、よく耳にして知っている方は多いと思います。しかし、高齢出産とはどのような状態が高齢出産に該当するのか知っていますか?

高齢出産は、リスクがあるといいますが、どのようなことが起こりうるのか知っていますか?ここでは、まず高齢出産の基本的な意味から高齢出産の現状について知っていきましょう。

そもそも高齢出産とは何をさすのでしょう?

日本では、35歳以上で初めて出産すること、世界的には出産経験のある経産婦が40歳以上で妊娠することを含め高齢妊娠と呼び、それ以後の出産が高齢出産と呼びます。

なぜ一定年齢以上での妊娠・出産を高齢出産と区別するのかというと一般的に30歳を超えたころから妊娠・出産に伴うリスクが徐々に高くなるからだということです。ただし、リスクはあくまで30歳を超えたころから少しずつ高くなるものであり、35歳を過ぎると急激に危険が増すということではありません。

高齢による不妊の原因は妻だけではありません

高齢出産の最大の問題点は、高齢による卵子老化による不妊です。これは35歳の時の妊娠率と20代での妊娠率を比較すると20代の約半分だとの統計が出ています。つまり、そもそも高齢出産自体が難しくなってしまうのです。

晩婚化による不妊女性も確かに増加していますが、実は不妊の原因の約半数は男性側にあることも事実なのです。不妊で悩んでいる夫婦は、妻だけではなく夫も一緒に不妊治療を受けなければ解決しない問題なのです。お互いが協力し合って乗り越えましょう。

無事高齢出産をしたのちの問題は?

やはり、体がしんどいというのが一番大変なことのようです。乳幼児期の授乳から始まり、幼児期は外遊びにも連れていかなければなりません。子供の体力についていけない‥というのが一番辛いことのようです。

そして、頼りになる両親も高齢になっているため、なかなか子供を預かってもらったり面倒をみてもらうことが難しいという声も聞きます。しかし、高齢出産はデメリットばかりではありません。

年齢を重ねた分社会で学んだこと、人生経験を生かせるので気持ち的に余裕が出てくるはずです。

合わせて読みたい

厳密に定められている高齢出産の定義とは
みなさんは「高齢出産」という言葉を聞いたことがありますか? 聞いたことがあるという方や、または日常の中で「高齢出産」という言葉を使...

高齢出産に向けて夫婦でできる準備について

高齢出産は、やはり様々なリスクが伴うことは事実です。そのリスクを少しでも回避するために出産前に自分たちでできる限りのことはやっておきたいものです。ここでは、夫婦でできる高齢出産に向けての対策紹介していきます。

先天性異常のリスクを下げる”葉酸”の摂取

やはり、高齢出産で一番気になることは先天性異常の発症です。このリスクを回避するのに一番効果的といわれているのが”葉酸”の摂取です。

これは、妊娠前~妊娠初期の母体は赤ちゃんを作る為に細胞分裂が活発に行われます。そのため妊婦の身体は通常の2倍近くの葉酸が消費されます。

この葉酸が不足していると先天性異常の確率が上がるといわれています。これは、妻だけでなく夫も摂取しておくといいといわれています。最近では、サプリで補うこともできるのでぜひ積極的に摂取することを心がけましょう。

高齢出産する人は出生前診断が受けられます

新生児出生前診断とは、母体の血液中に含まれる微量の赤ちゃんの細胞の遺伝子情報を取り出し、先天異常がないかを調べる検査です。従来、使用されていた母体血清マーカー検査は、先天性異常の確率のみを調べるものでした。

この新生児出生前診断は、約9割の高確率で先天性異常の有無、特にダウン症かどうかが分かるということで注目されています。この検査は、35歳以上の妊婦であれば受けることができます。

出生前診断を受診するかは夫婦でよく考えよう

出生前診断を受けるかどうかは、あくまでも妊婦の判断です。出生前診断を受けるということは、今後の胎児の運命さえも左右することになります。陽性の結果が出てしまうことだってもちろんあります。

万が一そのような結果が出た場合どうすべきか心の準備は絶対不可欠です。子供の親は妻だけでなく夫です。よく夫婦で考えて受診するかどうかを決めましょう。

合わせて読みたい

あなたも対象?高齢出産でも受けられる助成金とは
妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、通常は病気とみなされないため健康保険の適応外となっています。この負担を軽減するため、国や自治...
4歳の娘と第二子妊娠中のママです。妊娠中でも毎日フル回転です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
夫婦で考える高齢出産 夫が妻にできること
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る