夫婦で考える高齢出産 夫が妻にできること

良ければシェアをお願いします。

夫婦が話し合う

高齢出産は、妊娠中から思いがけないトラブルが起きたり、産後も身体への負担が通常よりも大きくなる傾向にあります。

そんな高齢出産には、夫のサポートは絶対不可欠です。まずは夫は高齢出産について知り、妊婦にどのような変化が起こるのか、また夫はどのようなサポートができるのか考え、妻を精一杯支えていきましょう。

スポンサーリンク

夫婦で知っておきたい高齢出産について

高齢出産という言葉は、よく耳にして知っている方は多いと思います。しかし、高齢出産とはどのような状態が高齢出産に該当するのか知っていますか?

高齢出産は、リスクがあるといいますが、どのようなことが起こりうるのか知っていますか?ここでは、まず高齢出産の基本的な意味から高齢出産の現状について知っていきましょう。

そもそも高齢出産とは何をさすのでしょう?

日本では、35歳以上で初めて出産すること、世界的には出産経験のある経産婦が40歳以上で妊娠することを含め高齢妊娠と呼び、それ以後の出産が高齢出産と呼びます。

なぜ一定年齢以上での妊娠・出産を高齢出産と区別するのかというと一般的に30歳を超えたころから妊娠・出産に伴うリスクが徐々に高くなるからだということです。ただし、リスクはあくまで30歳を超えたころから少しずつ高くなるものであり、35歳を過ぎると急激に危険が増すということではありません。

高齢による不妊の原因は妻だけではありません

高齢出産の最大の問題点は、高齢による卵子老化による不妊です。これは35歳の時の妊娠率と20代での妊娠率を比較すると20代の約半分だとの統計が出ています。つまり、そもそも高齢出産自体が難しくなってしまうのです。

晩婚化による不妊女性も確かに増加していますが、実は不妊の原因の約半数は男性側にあることも事実なのです。不妊で悩んでいる夫婦は、妻だけではなく夫も一緒に不妊治療を受けなければ解決しない問題なのです。お互いが協力し合って乗り越えましょう。

無事高齢出産をしたのちの問題は?

やはり、体がしんどいというのが一番大変なことのようです。乳幼児期の授乳から始まり、幼児期は外遊びにも連れていかなければなりません。子供の体力についていけない‥というのが一番辛いことのようです。

そして、頼りになる両親も高齢になっているため、なかなか子供を預かってもらったり面倒をみてもらうことが難しいという声も聞きます。しかし、高齢出産はデメリットばかりではありません。

年齢を重ねた分社会で学んだこと、人生経験を生かせるので気持ち的に余裕が出てくるはずです。

合わせて読みたい

厳密に定められている高齢出産の定義とは
みなさんは「高齢出産」という言葉を聞いたことがありますか? 聞いたことがあるという方や、または日常の中で「高齢出産」という言葉を使っている方の中にも、「言葉は知っているが、実は定義をよく分かっていない」という方がいらっしゃるかもしれません。ひとくちに「高齢出産」と言っても一体何歳からを指す...

高齢出産に向けて夫婦でできる準備について

高齢出産は、やはり様々なリスクが伴うことは事実です。そのリスクを少しでも回避するために出産前に自分たちでできる限りのことはやっておきたいものです。ここでは、夫婦でできる高齢出産に向けての対策紹介していきます。

先天性異常のリスクを下げる”葉酸”の摂取

やはり、高齢出産で一番気になることは先天性異常の発症です。このリスクを回避するのに一番効果的といわれているのが”葉酸”の摂取です。

これは、妊娠前~妊娠初期の母体は赤ちゃんを作る為に細胞分裂が活発に行われます。そのため妊婦の身体は通常の2倍近くの葉酸が消費されます。

この葉酸が不足していると先天性異常の確率が上がるといわれています。これは、妻だけでなく夫も摂取しておくといいといわれています。最近では、サプリで補うこともできるのでぜひ積極的に摂取することを心がけましょう。

高齢出産する人は出生前診断が受けられます

新生児出生前診断とは、母体の血液中に含まれる微量の赤ちゃんの細胞の遺伝子情報を取り出し、先天異常がないかを調べる検査です。従来、使用されていた母体血清マーカー検査は、先天性異常の確率のみを調べるものでした。

この新生児出生前診断は、約9割の高確率で先天性異常の有無、特にダウン症かどうかが分かるということで注目されています。この検査は、35歳以上の妊婦であれば受けることができます。

出生前診断を受診するかは夫婦でよく考えよう

出生前診断を受けるかどうかは、あくまでも妊婦の判断です。出生前診断を受けるということは、今後の胎児の運命さえも左右することになります。陽性の結果が出てしまうことだってもちろんあります。

万が一そのような結果が出た場合どうすべきか心の準備は絶対不可欠です。子供の親は妻だけでなく夫です。よく夫婦で考えて受診するかどうかを決めましょう。

合わせて読みたい

あなたも対象?高齢出産でも受けられる助成金とは
妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、通常は病気とみなされないため健康保険の適応外となっています。この負担を軽減するため、国や自治体が設けているのが出産助成制度です。こうした制度にはどんな種類があり、助成額や申請方法はどうなっているのでしょうか?ここでは、高齢出産でも受けられる助成金につい...

赤ちゃんが誕生したら、夫が大活躍できる時

産後の妻は、体力が消耗する上に、休みなしで産後すぐから育児が始まるため精神的にも大変です。妊娠中は、なかなか夫は妻のサポートをどうしていけばいいか戸惑うことが多い人も多いと思います。ですが、いざ赤ちゃんが生まれれば夫のすべきことは格段に増えます。ここからが本番です!夫は、惜しみなく育児に参加していきましょう。

まずは、産後母親の体調の変化について知っておこう

出産すると子宮はまた小さな大きさに戻ります。子宮だけでなく、様々な臓器、足にも負担がかかっていましたが、出産を終えるとようやくまたいつもの状態に戻ろうとします。

個人差はありますが、産後約一か月で妊娠前の状態に身体が戻っていくといわれていますが、高齢出産となると疲れが抜けにくくなる為に若い人と比べると回復する時間が長くかかる傾向にあります。

高齢出産すると産後うつになりやすい

産後うつは真面目で努力家で責任感が強いという人にかかりやすいという傾向があります。高齢出産だとうつ病になる確率が高いというのは、高齢で出産する人は比較的社会手にも責任のある地位にいることが多いためという理由があるからということが考えられます。

また「高齢出産だけど頑張って」などという言葉を言われることでプレッシャーになるために産後うつ発症の原因になのではといわれています。

まずは夫は妻が少しでも休める環境を整えよう

高齢出産後は、身体を動かすとその回復が遅れてしまいうため、約一か月程度は安静が必要となります。夫は少しでも妻の回復を促進させるために家事を積極的に手伝いましょう。

また、赤ちゃんの頃から積極的に育児に関わることにより父親との絆も深まります。赤ちゃんをあやしたりなど少しでも母親が心身共に少しでも休める環境を作ってあげましょう。

おわりに

子育ては、思った以上に体力を消耗するものです。その上高齢で出産したとなれば、子供の体力はどんどん増してくる一方母親の体力は衰えていくばかり。

夫は、子供を散歩に連れて行ったり、部屋で子供と一緒に遊んであげたり、母親に自由な時間を作ってあげましょう。そうすることで、母親は心身共に余裕がでてくる上に子供との絆も深まります。

夫婦で協力し合い育児を楽しんでいきましょう。

ピックアップ

高齢出産時の母体の病気リスクとは
昨今の社会情勢の移り変わりとともに、35歳を過ぎてから出産する「高齢出産」が増加傾向にあります。高齢出産には流産や帝王切開など、妊娠・出産のリスクが高まると言われていますが、いったいどんなリスクが懸念されるのでしょうか。以下を参考に、さまざまな病気リスクの理解を深め、もしものときに備えましょ...
男性にも高齢出産のリスクが!?男性の出産適齢期について
一般的に高齢出産とは、女性が35歳以上で出産することを指します。高齢出産には様々なリスクが伴うとされていますが、これまでは多くの場合、その原因は女性にあると言われてきました。 しかし最近になり、高齢出産のリスクには男性も関係していることが分かってきました。今回は男性の高齢出産リスク、そして男性...

https://tamagoo.jp/give-birth/entertainer-of-late-child-bearing/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
夫婦で考える高齢出産 夫が妻にできること
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

高齢出産・高年初産の悩みについて・・・あわせて読みたい

高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...
年々上がる初産の平均年齢!40代でも妊娠できる人の特徴
昨今は晩婚化の影響で初産の平均年齢も上昇しています。かつては30代以上の女性が出産することは危険と言われていましたが、最近は珍しくなくなり、40代で初産を迎える人も少なくありません。しかし、高齢になると妊娠することが難しくなるうえ、出産にも様々なリスクがともないます。40代でも妊娠し、出産で...
適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る