良ければシェアをお願いします。

産後に生理が来ない!いつから再開する?

良ければシェアをお願いします。

不安な女性

「出産後、生理はいつ再開するの?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。育児がはじまり負担も増えるなか、体がきちんと回復するのだろうかと不安になった方もいるのではないでしょうか。ここでは産後の生理再開についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

生理再開には個人差がある

健康な女性

人はそれぞれ違いがあり、全く同じ人間はいません。体質や体の仕組みについては、特にそういった部分があり、産後の生理再開も個人差があります。それぞれのタイミングというものがあります。

平均的には産後1年ほどでほとんどの方が再開すると言われていますが、早い人だと産後2か月で再開する場合や、逆に遅い場合は1年以上経っても再開しないという方もいらっしゃいます。早いから良い、遅いから悪いというわけではありません。再開するには体の準備と気持ちの持ち方が大切になってくるのです。

合わせて読みたい

二人目妊娠のベストタイミングはいつ?
一人目の赤ちゃんが生まれて落ち着いてくる頃に、二人目をどうするか話し合うご夫婦が多いようです。また、今まさに妊活中という方も、ご自身の年齢を考慮して、一人目を産む時期・二人目を産む時期を計画していることでしょう。もちろん、計画通りに行くとは限りませんが、育児や経済的負担を考え、なるべくベスト...

産後の体は守られている

授乳

赤ちゃんを出産すると授乳が始まります。この授乳時期は生理の再開が難しい時期であると言われています。その理由をご説明しましょう。

出産後の卵巣機能や子宮は妊娠・出産で疲れています。まずはこの疲労を回復させ、母体の状態を整えていくことが大切です。その回復するには時間がかかります。

こうした回復時間の手助けをしているのが、プロラクチンというホルモンです。プロラクチンは母乳を作るために分泌されるホルモンですが、同時にを抑える働きもあります。この働きによって母体は回復する時間を確保し、次の妊娠ができる体になるまでしっかりと守られていくのです。

また、生理が再開されたにも関わらず無排卵という場合もあります。これも妊娠するには体がまだ十分に回復していない状態だということです。不安や焦りの気持ちが出てしまう方もいらっしゃると思いますが、母体は守られている状態で回復には個人差があるということを理解し、体が回復するまで待ちましょう。

プロラクチンの分泌量に関係

母と赤ちゃん

母体回復の手助けをするプロラクチンですが、その分泌量が生理再開に影響しています。例えば、1日の授乳回数が多かったり1回の授乳時間が長かったりする場合、プロラクチンの分泌量が増えるため、生理再開が難しくなります。

また、プロラクチンは夜間に分泌量が増えます。夜間に授乳を行う回数が多い場合は、同じように生理再開が難しくなってきます。

しかし、生理再開のためにお子さんが欲しがっている母乳をあきらめる必要はありません。母乳が出る状態でお子さんが欲しがっているのであれば、授乳に適した時期であり母子ともに必要な状態ということになります。時間と共に体は回復しますので、授乳時期は焦らずに生理再開を持ちましょう。

合わせて読みたい

妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今まで見たことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話して...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後に生理が来ない!いつから再開する?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る