臨月とはいつのこと?臨月について

良ければシェアをお願いします。

臨月とはいつのこと?臨月について

妊娠期間も終盤である妊娠10ヶ月はと呼ばれています。この時期、妊婦さんと赤ちゃんの体は出産に向けて大きく変化をしています。正確に言うと臨月とはいつのことで、妊婦さんと赤ちゃんがどんな状態にあり、産まれるためにどんな変化をしているのか、どんなことが起こるかなど、知っておくと安心な情報をご紹介します。

スポンサーリンク

臨月って正確にはいつのことをいうの?

臨月とは、一般的に妊娠期間を月数で表現したところの妊娠10ヶ月のことです。週数で表現した場合は、妊娠期間は1ヶ月を4週、つまり28日と数えるため、36週0日〜39週6日となります。は40週0日ですが、厳密にはその日は既に臨月ではありません。

そもそも臨月の期間はどうやって決まるの?

臨月、36週0日〜39週6日というのはいつから数えての期間なのでしょうか。0週0日は最後の生理が始まった日なので、実は妊娠していない期間も含まれています。妊娠が成立してからの厳密な妊娠期間を特定するのは困難です。

ですから妊娠週数も数え月も便宜上の目安なのですが、妊娠・出産の状況を見ていく上での重要な情報です。

臨月は赤ちゃんがいつ産まれても良い期間とは違う!

臨月ならいつ赤ちゃんが産まれても良い状態だと錯覚しがちですが、そうではありません。産科でいうところの赤ちゃんがいつ産まれても良い期間は「正産期」と呼ばれる37週0日から41週6日のことであり、その期間は臨月とは一致しません。

臨月であっても36週0日〜36週6日に産まれれば「であり、産まれた時の状況によって適切な処置を受ける必要があります。

臨月での妊婦健診のペースと内容は?

臨月に入るとそれまで2週に1回だった妊婦健診のペースが1週に1回となり、出産に向けてのラストスパートとなります。妊婦健診の内容には内診、NST(ノンストレステスト)が追加されます。内診によって子宮口の状態や赤ちゃんの下がり具合などを確認します

NSTとは妊婦さんが一定時間安静にしている間に赤ちゃんの胎動や心拍数、お腹の張り方などを調べるものです。

合わせて読みたい

いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...

臨月に妊婦さんに起きる体の変化は?

臨月には妊婦さんの体は出産に向けて変化し続けており、そのためにマイナートラブルが起こることも多く決して楽な時期ではありません。臨月の期間に妊婦さんの体にはどんなことが起こりやすいのかを、注意点も含めてご紹介します。

赤ちゃんが下がって楽に!でも体重増加に注意!

妊娠後期は大きくなった子宮に内臓が圧迫され続けましたが、臨月になると子宮の位置が少しずつ下に下がります。なかなか食べられなかった妊婦さんも楽になり食欲が出ますが、体重が増えやすいので体重管理に注意が必要です。逆に子宮が下がることで膀胱はさらに圧迫されるため、尿漏れをしやすくなります。時期が時期だけに破水と間違えやすいので注意しましょう。

恥骨や足の付け根に痛みが出ることがある

臨月には恥骨や足の付け根に痛みが出ることがあります。出産に向けて分泌されるリラクシンという女性ホルモンにより赤ちゃんが産道を通りやすくするため骨盤が緩みますが、骨盤は緩むと重さを支える力が弱くなります。

そんな時に重い子宮が下がるので、骨盤や腰、座骨などが圧迫されて痛みが起こります。臨月の妊婦さんならではの現象で異常ではありません。

お腹が張りやすくなり、前駆陣痛が起こってくる

出産が近づくと陣痛のリハーサルともいえる前駆陣痛が起こることもあり、強い張りや生理痛のような痛みが不定期に起こることがあります。本陣痛と区別するには、定期的に痛みが続くかどうか、しばらく様子を見ましょう。前駆陣痛ならそのうち痛みはひいていきます。前駆陣痛を繰り返すうちに本陣痛が起こることも多いでしょう。

合わせて読みたい

立ち会い出産での旦那さんの役割
これから出産を迎える旦那さんへ。最近では、立ち会い出産を選択される方が大変多くなりました。このコラムを読んでくださっているあなたも立ち会い出産のご予定があるのではないでしょうか。 今回は立ち会い出産の時に旦那さんがどういう役割を持っているのかということを一緒に考えてみたいと思います。奥様を精一...

臨月の赤ちゃんに起こる変化とは?

赤ちゃんもまた産まれるための準備を進めています。36週までには外に出ても十分に生きていけるだけの器官が完成・成熟してきますが、その後も実際に外に出た後に備え、さらに身体が成熟します。髪の毛や爪が生え、声を出す筋肉が発達し、より人間らしい姿に近づいていきます。

臨月の赤ちゃんの体重と大きさはどのくらい?

36週の赤ちゃんは身長450〜470mm、体重は2,250gほどです。この週に産まれると早産となりますが、身体は成熟してきて十分に成長できる段階です。正産期となる37週では身長450〜480mm、2,500gほど。

2,500gを超えると成熟児と呼ばれ、十分に外で成長できる能力を備えます。38週では身長470〜490mm、体重2,750gほど、39週では身長480~500mm、体重3,000gと、着々と成長していきます。

胎動は少なく、弱くなることが多い

出産が近づくと子宮は下に下がり、骨盤の中におさまるような形になるため赤ちゃんは動きが制限されるため、胎動は少なく弱くなることが多いです。胎動に変化のない赤ちゃんもいますが、元気な証拠といえるので問題ありません。

心配なのはむしろ胎動が全く感じられなくなることです。おかしいと思ったらすぐに産科を受診しましょう。

誕生に向けての赤ちゃんの体の変化とは?

赤ちゃんの体を覆っていた胎脂というクリームのような脂が誕生に向けて取れていき、しわしわな皮膚には張りが出ます。体型も丸みを帯びてふっくらとします。頭蓋骨は狭い産道を通るためにあえて完成せず、薄い頭蓋骨の継ぎ目が繋がっていない状態です。

産道を通る時にはなるべく頭が小さくなるよう頭蓋骨の骨同士を重ね合わせて、産まれてから完成します。

おわりに

妊娠自体も奇跡のようなものですが、出産に備えて妊婦さんや赤ちゃんに起こっていく臨月の変化のメカニズムもあまりにも神秘的です。臨月は楽な期間ではありませんが、赤ちゃんも産まれるために準備を重ねていることに思いを馳せつつ、一心同体でいられる残り少ない妊婦期間を過ごしてみてください。出会えた時の喜びはさらに大きくなることでしょう。

ピックアップ

経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候
経産婦さんは、初産婦さんと比べるとお産の進みが早いと言われています。そのため、出産兆候に敏感になっていないと、病院に間に合わないといったケースが懸念されます。 ここでは、経産婦さんが知っておくべき4つの出産兆候をまとめてみました。これを知っておくだけで、お産をより安定した気持ちで迎えることがで...
今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...
陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
臨月とはいつのこと?臨月について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る