産後いつから妊娠できる?産後は妊娠しやすいって本当?

スポンサーリンク

2回め妊娠をする女性

「年子の弟や妹が欲しいから、産後すぐにまた妊娠したい」と考えている人や、逆に、「産後は育児に専念したいため、しばらく妊娠したくない」と考えている人もいるでしょう。では、産後いつから妊娠できるでしょうか。また、産後は妊娠しやすいというのは本当なのでしょうか?妊娠しやすくするための秘策や、産後直後の妊娠の注意点とともにご紹介します。

産後いつから妊娠できる?

基礎体温

産後、生理の再開が妊娠可能のサインです。産後1カ月で生理が再開する人もいれば、産後1年半ほどしてからやっと生理が再開する人もいます。体の回復状態や育児方法によってかなり個人差があります。しかし、ホルモンのバランスが崩れているため、生理がきても無排卵という場合があります。基礎体温を測っていると、排卵のタイミングが予測しやすくなるでしょう。

また、生理は排卵の約2週間後にくるため、生理が再開する前に妊娠してしまうケースもあります。いつ排卵があるかは予測不可能なため、まだ生理がないからと油断するのは禁物です。妊娠を望まないなら、生理が再開していなくても、避妊をしましょう。

合わせて読みたい

産後に生理が来ない!いつから再開する?
「出産後、生理はいつ再開するの?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。育児がはじまり負担も増えるなか、体がきちんと回復するのだ...

産後は妊娠しやすいって本当?

赤ちゃんにキスするママ

産後は妊娠しやすいという理論に根拠はありません。むしろ、一般的には、授乳期間中は妊娠しにくいとされています。赤ちゃんが生まれると、母親の体には「プロラクチン」という母乳生成を促すホルモンが分泌されるようになります。しかしこのホルモンには、排卵を抑える作用もあります。そのため、授乳していると生理の再開が遅くなるわけです。

特に1回10分以上、1日5回以上の授乳、または夜間の授乳をしていると「プロラクチン」の分泌が増え、生理の再開が遅くなりやすいといわれています。母乳育児をしている場合の一般的な生理再開時期は6カ月から1年といわれています。しかし、個人差があるため、1カ月ほどで再開する場合もあるようです。生理再開後は、母乳が少なくなります。

産後すぐに妊娠するメリット

姉と弟

最後の出産からかなりの時間がたつと、新たな出産は初産とあまり変わらなくなってしまいます。しかし、産後すぐに妊娠すると、まだ産道が柔らかいため、次の出産が負担が少なくなるといわれています。
また、ママの年齢によっては、年齢が上がるほど妊娠しにくくなり、出産の危険度も上がるため、できるだけ早く次の子どもを妊娠したほうがよい場合もあります。

年子だと、学校行事を一緒に済ますことができたり、子育て期間が短くなったりするメリットがあります。また、兄弟で一緒に遊んでくれるので育児が楽なケースもあるでしょう。産後の回復状態がよく、次の妊娠・出産に耐えられる体力があるなら、産後すぐに妊活を始めるのも一つの選択肢です。

合わせて読みたい

産褥(さんじょく)期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後いつから妊娠できる?産後は妊娠しやすいって本当?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る