良ければシェアをお願いします。

不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係

子どもを望む夫婦

「赤ちゃんがほしいな」と思ってはいるけれど、なかなか妊娠できない…とお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。出産をするのは女性ですから、つい「妊娠」となると女性に注目してしまいますが、不妊の原因は男性にもあるのです。男性の場合、「精子」や「乏精子症」などの病気が不妊の原因として挙げられますが、今回ご紹介するのは病気ではありません!実は年を取るにつれて、妊娠する確率はどんどん下がっていくのです。

深い関わりのある精子と年齢。精子が衰えてしまう原因や予防法をご紹介いたしますので、不妊にお悩みの方はぜひご一読ください。

スポンサーリンク

そもそも精子って?

精子

普段生活をしている分にはじっくり精子について考えることはありませんよね。しかし、赤ちゃんをほしいと思っている方はきちんと知っておく必要があります。ここで精子はどのようなものなのかを学んでいきましょう。

女性は胎児のうちに卵子を体内で生産しますから、年齢を重ねると同じように卵子は劣化していきます。一方の精子は10歳くらいから作られるとされており、女性に比べると少し遅めです。そして卵子との大きな違いは「毎日」1億程度作られるという点です。しかし、精子となって誕生するまでには約80日という時間を要しているため、射精時に出た精子はそのときの細胞が元になっていると考えられています。

そのため、射精時に健康な状態だったとしても80日前の体調が悪ければ、その精子は完全に健康な状態とは言い難いということになります。「でも毎日作られているなら劣化することなんてないのでは?」と思った方はいらっしゃいませんか?そんな疑問を解決すべく、次項では精子が劣化してしまう原因について解説していきます。

精子が劣化する原因

コンビニ弁当を食べる男性

精子は毎日新しく作られますが、その精子を生み出す身体は毎日新しいものに取り換えることはできません。つまり、精子が劣化する原因はその人の身体にあるということです。主な原因は以下の3つと考えられています。

病気である、または 病気をした経験がある

不妊の原因となる無精子症などの病気以外でも、何らかの病気で体調を崩している場合には精子が劣化すると考えられています。病名がはっきりしているものであれば、治療をすることで劣化を抑えることは可能ですが、原因が曖昧な場合は劣化を避けることは難しいとされています。

35歳以上である

精子は35歳から40歳になると自然と老化していきます。40歳半ばになるとさらに老化のスピードは速くなるとされています。

生活習慣の乱れによるもの

コンビニのご飯ばかりを食べていたり、運動していなかったり、喫煙していたり、と不摂生な生活を送っていると精子の老化は早まると言われています。また、老化が進むだけではなく、奇形の赤ちゃんが生まれてくる原因ともなる精子を作り出してしまうのです。「生活スタイルが乱れているかも…」と感じた場合には、今日からでも摂生に努めましょう。

合わせて読みたい

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る