今からでも間に合う!安産を迎えるための八つのコツ

出産予定日が近い妊婦
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います。今回安産を迎えるための八つのコツを紹介していきます。

安産を迎えるためのコツ【妊娠中】

歩く妊婦
安産を迎えるために今から実践できる八つのコツをご紹介します。まずは妊娠中にできる安産対策です。

1.できるだけ横にならない

近年の研究で、日頃から体を起こしていると、重力の影響で赤ちゃんが出やすくなることがわかってきました。しかし妊娠中は、おなかが苦しい時期もあり、寝ている方が楽でしょう。ただ、座っているだけでも、寝ているよりはいいといわれています。また、寝ているだけだと、太ってしまう危険性もあります。
安産のためには、痩せすぎもよくありませんが、太り過ぎも要注意です。ゆっくり歩いたりするだけでも、だいぶ違います。体勢をできるだけ、横にしないように注意しておきましょう。

2.食事を抜かない

出産は体力勝負です。妊娠後期は胃が圧迫されて食欲が落ちてしまいがちですが、なるべく食事を抜かないようにしましょう。食べ物であれば、おにぎりや、一口ゼリー、ヨーグルトなどが食べやすいです。また栄養素も一緒にとれることを考えるなら、市販の栄養ゼリーもおすすめです。ただし、お菓子などの糖分の取りすぎには気を付けてください。

3.リラックスする

リラックスは安産の味方です。ストレスを感じると、ストレスホルモンが分泌され、いざ陣痛がきても子宮口がなかなかうまく開きません。常日頃から、リラックスできる環境を整えておきましょう。アロマをたいたりして、香りでリラックスするのもいいでしょう。部屋には、自分がリラックスできるものをたくさん集め、落ち着いた空間で過ごせるようにするとよいですね。

4.足を温めて血行促進をはかる

足元は体の中でも特に冷えやすい場所です。体が冷えてしまうと血行不良でむくんだり、子宮の筋肉も硬くなり安産に影響する可能性があります。そんなときは足湯がおすすめです。湯舟に頻繁に入ることは難しくても、足湯だったら簡単にできますし、体全体がポカポカと温まります。安産のために日頃から血液の流れをよくしておくことを意識しましょう。

5.出産予定日通りにはならないことを認識する

出産予定日に赤ちゃんが生まれる確率は、非常に少ないことを念頭に置いておきましょう。実際、きちんと予定日に産まれるのは、ごく数パーセントといわれています。予定日が過ぎたり早まったりすると、心配から気持ちが不安定になります。特に遅れている場合は、本当にきちんと生まれてきてくれるのか、不安になるでしょう。その気持ちはよくわかりますが、きちんと生まれてくれると信じて、リラックスして待つことが大切です。

6.お産の流れを知っておく

出産前に、お産はどういう流れで進むのか知っておくと安心です。どういうタイミングでいきむのか、いつ会陰切開をするのか、後産ってどんなものなのか、などなど。先生や助産師さんがちゃんと説明してくれますが、流れを知っておくと心構えができて安心して出産に臨めます。

合わせて読みたい

妊婦の聖地!安産祈願で有名な水天宮を大解剖!初穂料は?腹帯は?
妊婦の聖地!安産祈願で有名な水天宮を大解剖!初穂料は?腹帯は?
「安産祈願といえば水天宮(すいてんぐう)」と聞いたことのある方は多いと思います。安産祈願はおなかの赤ちゃんにとって初めての人生儀礼ですの...

安産を迎えるためのコツ【出産】

陣痛
いざ、陣痛を迎えたとき、安産のためには何ができるのでしょうか?

7.病院に行くタイミングを見計らう

緊張を緩和するためにも、病院へ行くタイミングは見計らいましょう。陣痛の間隔がまだ開いているのに焦って病院へ行くと、分娩監視装置をつけられ、自由に動けずかえって緊張してしまいます。もちろん破水がはじまったのであれば、すぐに病院へ行く必要があります。ただ病院に早く行き過ぎてしまうと、緊張はストレスにもつながるため、自宅待機で誰かにそばにいてもらう方が、気も紛れるでしょう。陣痛がきたら病院に連絡を取り指示を仰ぎ、いつでも病院に行ける態勢を整えておくことが大切です。

8.痛みに集中しないこと

痛みではなく、「赤ちゃんとの未来」に意識を集中することが大切です。そんなこといわれてもと、思われるかもしれません。しかし、気持ちの切り替えは非常に大切です。陣痛の痛みが鋭いと、ついつい痛みにばかり気持ちがいってしまいます。ただその痛みは、赤ちゃんを産むために必要なものだということを再確認しましょう。そして、赤ちゃんが生まれてきたら、最初にどうしてあげたいのか、またこれから、夫とどう育てていこうかなど、できるだけ楽しい未来を想像することが痛みの緩和にもなります。

合わせて読みたい

安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?
安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?
安産と難産の違いはどこ?大変なお産だったはずなのに周りからは「安産でよかったね」と言われたなど、その境目は決まっているのでしょうか?痛み...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
今からでも間に合う!安産を迎えるための八つのコツ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る