良ければシェアをお願いします。

切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法

良ければシェアをお願いします。

帝王切開の傷跡

で出産した後に気になるのは、やっぱり傷跡ですよね。どうにか綺麗に治せないものかと、悩んでいるママも多いかと思われます。では、どうしたら帝王切開の傷は綺麗に治せるのでしょうか。最近では、帝王切開後のママに嬉しい傷跡ケア商品も多く販売されています。今回は、傷跡を目立たせなくするケアについて説明します。

スポンサーリンク

帝王切開には縦切りと横切りがある

横切りは、予定帝王切開の場合に用いられることが多く、母体への負担も少なく済みます。そして、手術後の傷跡が比較的目立たちません。手術時間が短くて済む縦切りは、緊急帝王切開の場合に用いられることが多く見受けられます。

縦切りと横切りでは傷跡も違ってくる

縦切りの場合、横切りに比べどうしても傷跡が目立ってしまいます。どちらにもメリット、デメリットがありますが、一般的に傷跡は1年程度をかけて徐々に薄くなっていきます。これには、もちろん個人差があります。少しでも早く目立たせなくしたい場合には、産後のケアが非常に重要な鍵となってきます。産後のケアには、様々な方法があるので参考にしてください。

帝王切開後の縫合の仕方について

縫合には、何種類かの方法があります。糸でぬい合わせる方法には、溶ける糸が使われる場合と溶けない糸が使われる場合があります。溶ける糸が使われた場合には、抜糸の必要がありませんが、細かく縫うことができないため傷跡が残りやすいです。溶けない糸は、強度が強く細かく縫うことができるので、傷跡が目立ちにくいとされています。

医療用ホッチキスや医療用接着剤の使用

スキンステープラという方法は、医療用ホッチキスを使用する方法です。皮膚への負担も少なく、傷跡も目立ちにくいのが特徴です。医療用接着剤で止める方法もあります。水に濡れても大丈夫な上に傷跡が綺麗に治りやすいのが特徴とされています。ホッチキスや接着剤での縫合は、傷跡が目立ちにくいとされているので、できれば使ってほしい縫合方法ですよね。

合わせて読みたい

出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...

帝王切開後の傷が治っていく過程

帝王切開後の傷跡修復は、再上皮下を起こす炎症期→新しい細胞が活性化される増殖期→細胞の活動が落ち着く成熟期といった過程を経て、約1年程度の時間をかけて徐々に薄くなっていきます。また、傷跡が残る、残らないというのには体質が大きく関係しているようです。

帝王切開後の傷跡の種類について

経過の途中で、トラブルがあると傷跡が残ってしまいやすくなり、次のような状態を起こすことがあるので注意が必要です。まず、肥厚性瘢痕といわれるものです。これは、ふさがった傷口が赤く盛り上がった状態になることを指します。次に、ケロイドです。肥厚性瘢痕の周囲まで赤くただれてしまう症状です。痒みがひどくなっても掻かないように気をつけましょう。

傷跡を気にしすぎないことも大事

帝王切開で出産したママたちは、どうしても傷跡のことを気にしてしまいがちですが、少し頭を切り替えてみることも大切です。お腹に残った傷跡は、大切なわが子を産んだ証、自分が頑張ったことの勲章でもあるのです。でも、やっぱり気になる・・・という方には、傷跡を少しでも目立たせなくするよう傷跡のケアをしましょう。

傷跡を残さないためにどうしたらいいの?

下着などの締め付けで、傷口を刺激しないことが1番重要です。他に、乾燥させない、掻かない、紫外線対策など自身で気をつけるケアがもちろん大事となってきます。そして最近では、傷跡をなるべく残さないようにするための商品がたくさん販売されています。それぞれの商品に特徴があるので、自身に合った商品を使用するとよいでしょう。では、それらの商品にはどういった特徴があるのでしょう。

合わせて読みたい

欧米では帝王切開が大人気!世界の帝王切開事情!
日本では、多くの方が自然分娩での出産を望んでいますが、事情があり帝王切開になる女性がたくさんいます。ところが、世界各国では相反して帝王切開がブームになりつつあるとか・・・さて、これは事実なのでしょうか。実は欧米での帝王切開率はかなり高いとされています。今回は世界で行われている帝王切開事情をご...

傷口をケアするための商品について

テーピングや、ジェルシートの他、飲み薬や塗り薬があります。テーピング、シリコンジェルシートは、傷口を保護する役目を果たしてくれます。飲み薬には、炎症や痒みを抑えてくれるという効果があり、医師から処方されるものです。塗り薬は、傷口の乾燥を防ぎ新陳代謝を上げてくれる効果が期待できます。それぞれの商品に特徴があるので、自分が使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

傷口がまだふさぎきっていないときにできるテーピング

【マイクロボア スキントーン サージカルテープ】

医療用のサージカルテープです。素材は、レーヨン不識布で皮膚に優しく、傷跡を保護してくれます。病院で使用されているもので、市販で手に入れるのは難しいという声もありますが、ネット販売されています。アレルギーを持っている方でも使用できるアイテムです。

【アトファイン】

アトファインを貼ることで、皮膚が引っ張られるのを防ぐことができます。こちらの商品も皮膚に優しい素材でできているので、数日間貼ったままでも痒くなったりということがありません。紫外線や下着の擦れといった刺激から傷口を守ってくれます。

傷跡ケアにオススメの医療用飲み薬・シート

【リザベン】

ケロイド治療のための飲み薬です。炎症や痒みを抑える効果があります。医師によって処方されるので、途中で勝手に服用やめることなどのないようにしてください。

【スミス・アンド・ネフュー 皮膚バリア粘着プレート】

手術後の傷跡ケアには最適な粘着テープです。手術用のシートで助産師さんもオススメの商品です。シリコン性なので、洗って何度も利用できるところが魅力となっています。

傷跡ケアにオススメの保湿クリーム

【ノコア】

妊娠専用の保湿クリームです。クリームを塗ることによって乾燥を防ぎ、痒みを抑えることができます。ノコアを塗ってマッサージすることで、血行が良くなり代謝を上げる効果があり、傷口の修復を早めます。

【アットノン】

ドラッグストアで購入することができる傷口修復クリームです。価格も手頃なので、気軽に使用できるところが特徴です。

おわりに

いかがでしたか?なるべく傷跡は残したくないものですが、気にしすぎにも注意しましょう。できる限りのケアをしてみたけれど、それでも残ってしまう場合には傷跡と上手に付き合っていくことも必要ではないでしょうか。

ピックアップ

出産日を決められる!帝王切開はいいことだらけ?!種類、費用、痛みは?
日本多くの病院は自然分娩を推奨していますが、ココ数年、高齢出産の増加などで帝王切開の手術数も増えていっています。帝王切開は痛くて、怖いイメージがありますが母体や胎児を守ってくれる安心した出産方法ともいえます。今回は帝王切開について説明していきたいと思います。 自然分娩で産むか?帝王切開で産...
妊娠線は消すことができる!?予防法と対策術を大公開!
妊娠すると気になることの1つに「妊娠線」があります。何も妊娠線予防をしないまま出産を迎えてしまい、産後落ち着いた頃に妊娠線の多さに愕然とするケースが多いようです。それでは実際に、どのような方法で妊娠線を予防できるのでしょうか? 今回は、妊娠線の予防法と対策術を一挙大公開!ここでご紹介する方法を...
妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びも束の間、妊娠4~5ヶ月目からはじまる急激なお腹の膨らみや胸のハリによって妊娠線ができてしまうなんてことも。 「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディクリームじゃダメ?」 妊娠線は一度できてしまうと消すの...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る