リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける5つの注意点

良ければシェアをお願いします。

リスク

平均初婚年齢が上昇傾向にあり、それにともない女性が第一子を産む年齢も高くなっています。現在では平均初産年齢が30歳を超えており、35歳を超えてから出産する人も珍しくなくなってきました。なかには、40歳を超えてから出産をする女性も増えてきています。

しかし、高齢出産にはリスクがともないます。無事に出産をしても、苦労することが多いでしょう。ここでは高齢出産のリスクと、出産後のことについて5つの注意点をみていきましょう。

スポンサーリンク

注意点1.年齢が上がるほど卵子の質が低下する

女性

一般的に、35歳くらいまでに子どもを産みたいと考えている女性が多いようですが、なかなか妊娠できず、計画していた年齢よりももっと先になってしまう声をよくききます。

主な原因は、年齢が上がってくると、卵子の質が低下してしまうため、妊娠しにくくなってしまい、やっと第一子を妊娠したら40歳近くになってしまったというケースもあります。そのため、35歳までに出産したいのであれば、30歳くらいから妊活を始めておくのが賢明でしょう。

日本産科婦人科学会では、35歳以上での出産を高齢出産と定義しています。WHOなどの国際機関や諸外国でも35歳以上としているところが多くなっています。

そして、高齢出産で生まれた子どもは、染色体異常になる確率が高いことも分かっています。20代での出産と比べると、35歳で3倍になり40歳で10倍です。染色体異常の原因は卵子の質の低下だけではありませんが、原因のひとつとして認識しておく必要があります。

合わせて読みたい

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...

注意点2.母体にかかる負担も大きい

安静にする女性

高齢で妊娠しようとする場合、妊娠できるのかどうかがまず気になるところでしょう。そして、妊娠したら、胎児が健康に育つかどうかを気にする人が多いようです。

しかし、高齢出産では母体にも大きな負担がかかります。そのため、妊娠が分かったらなるべく安静にしていることが大切です。のリスクも若い年齢で妊娠する場合と比べて高めであるため、無理をしないようにしましょう。

身体的な負担だけでなく、精神的にストレスがかかるようなこともなるべく避けた方が無難です。ストレスがたまると生殖機能ホルモンバランスなどに悪影響を与えてしまうからです。不規則な生活や偏った食生活をしている人は、それらも改善した方がいいでしょう。

注意点3.妊娠高血圧症候群のリスク

腹痛

高齢出産でよく起こる身体の不調として妊娠高血圧症候群が挙げられます。30代前半までの妊婦でも約1割の人が発症していますが、40歳以上の妊婦の場合には約3割が発症し、高齢出産で発症のリスクが上がるのが特徴です。

発症すると血圧が上がり、尿タンパクなど出るようになり、母体に負担がかかり胎児の成長にも悪影響を与える場合があります。難産になりやすく、出産時にトラブルに見舞われるリスクも高まります。

注意点4.周囲のママたちとの付き合い

ママ友

高齢出産のさまざまなリスクを乗り越えて無事に出産を果たしたら、それで終わりではありません。出産をしてからが本番です。
20代で出産をする人と比べて、年齢が高い分だけ経済的に余裕があるケースが多い傾向にあります。子育てに関しては、妊娠や出産ほどリスクはないと言えるでしょう。

しかし、同じくらいの年齢の子どもをもつ周囲のママたちと、上手く付き合って行かなければなりません。子どもが小学校に入れば、学校行事などで子どもの同級生の保護者たちと関わる機会が多くなるでしょう。

若いママたちの中に混ざることになるため、子育ての考え方の違いなどで気苦労があるかも知れません。中には20代のママもいます。22歳で出産した人なら、子どもが小学校に入るときまだ28歳です。授業参観などに行けば、周囲のママと比べて年齢が高く引け目を感じてしまうこともあるはずです。

ただ、周囲に高齢出産をしたママが他に何人かいる場合には、高齢出産のママ同士で仲良くなれることも多いので、それほど気にしないようにしましょう。

合わせて読みたい

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...

注意点5.子どもが成人したときの自分の年齢

シニア夫婦

高齢出産の場合には、子どもが何歳になったら、自分の年齢について考えておく必要があります。35歳で出産した場合には子どもが成人する頃に55歳です。子どもが大学まで行った場合には浪人や留年がなければ、自分が57歳のときに子どもが社会人になります。

あなたが40歳で出産した場合は、子どもが成人したときに既に自分は60歳です。年上の旦那さんなら定年退職しているケースも考えられます。そのため、子どもが大学まで行った場合には、それなりの出費があることを想定しておく必要があるでしょう。

おわりに

高齢出産をする際には妊娠や出産のときだけでなく、出産後もさまざまなリスクをともないます。しかし、ためらっているとどんどん年月が流れて行き、年を重ねてしまいます。そうなるとリスクはさらに大きくなるでしょう。

中には、出産を諦めざるを得なくなる人もいるかも知れません。子どもが欲しいのであれば、なるべく早い段階でパートナーを見つけ、妊活をすることが望ましいでしょう。

ピックアップ

不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係
「赤ちゃんがほしいな」と思ってはいるけれど、なかなか妊娠できない…とお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。出産をするのは女性ですから、つい「妊娠」となると女性に注目してしまいますが、不妊の原因は男性にもあるのです。男性の場合、「無精子症」や「乏精子症」などの病気が不妊の原因として挙げられます...
妊活中の方におすすめ!人気のマカサプリ10選
妊活中の方にマカが良い理由 妊活サプリメントといえば葉酸が思い浮かぶ方も多いと思いますが、最近では妊娠しやすい体づくりのための食品として、「マカ」が注目されています。 そもそもマカとは、南米のペルーが原産地のアブラナ科の植物で、古くから使用されてきた希少な植物です。 原産地ではマカ...
妊娠・妊活中なら必見!人気の葉酸サプリ10選♡
なぜ葉酸が必要なの? サプリメント先進国のアメリカでは、疾病管理センター(CDC)による「葉酸摂取と神経管閉鎖障害に関する研究」から、葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発症リスクを低減することがわかりました。 そのため1992年から、妊娠が可能な女性に「1日400㎍の葉酸を摂取」するよう勧告し...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける5つの注意点
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る