リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける五つの注意点

スポンサーリンク

リスク

平均初婚年齢が上昇傾向にあり、それにともない女性が第1子を産む年齢も高くなっています。現在では平均初産年齢が30歳を超えており、35歳を超えてから出産する人も珍しくなくなってきました。中には、40歳を超えてから出産をする女性も増えてきています。

しかし、高齢出産にはリスクがともないます。無事に出産をしても、苦労することが多いでしょう。ここでは高齢出産のリスクと、出産後のことについて五つの注意点をみていきましょう。

注意点1.年齢が上がるほど卵子の質が低下する

女性

一般的に、35歳くらいまでに子どもを産みたいと考えている女性が多いようですが、なかなか妊娠できず、計画していた年齢よりももっと先になってしまう声をよくききます。

主な原因は、年齢が上がってくると、卵子の質が低下してしまうため、妊娠しにくくなってしまい、やっと第1子を妊娠したら40歳近くになってしまったというケースもあります。そのため、35歳までに出産したいのであれば、30歳くらいから妊活を始めておくのが賢明でしょう。

日本産科婦人科学会では、35歳以上での出産を高齢出産と定義しています。WHOなどの国際機関や諸外国でも35歳以上としているところが多くなっています。

そして、高齢出産で生まれた子どもは、染色体異常になる確率が高いことも分かっています。20代での出産と比べると、35歳で3倍になり40歳で10倍です。染色体異常の原因は卵子の質の低下だけではありませんが、原因のひとつとして認識しておく必要があります。

合わせて読みたい

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす五つのポイントとうれしい三つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活にとり組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢...

注意点2.母体にかかる負担も大きい

安静にする女性

高齢で妊娠しようとする場合、妊娠できるのかどうかがまず気になるところでしょう。そして、妊娠したら、胎児が健康に育つかどうかを気にする人が多いようです。

しかし、高齢出産では母体にも大きな負担がかかります。そのため、妊娠が分かったらなるべく安静にしていることが大切です。流産のリスクも若い年齢で妊娠する場合と比べて高めであるため、無理をしないようにしましょう。

身体的な負担だけでなく、精神的にストレスがかかるようなこともなるべく避けた方が無難です。ストレスがたまると生殖機能やホルモンバランスなどに悪影響を与えてしまうからです。不規則な生活や偏った食生活をしている人は、それらも改善した方がいいでしょう。

注意点3.妊娠高血圧症候群のリスク

腹痛

高齢出産でよく起こる身体の不調として妊娠高血圧症候群が挙げられます。30代前半までの妊婦でも約1割の人が発症していますが、40歳以上の妊婦の場合には約3割が発症し、高齢出産で発症のリスクが上がるのが特徴です。

発症すると血圧が上がり、尿タンパクなど出るようになり、母体に負担がかかり胎児の成長にも悪影響を与える場合があります。難産になりやすく、出産時にトラブルに見舞われるリスクも高まります。

旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける五つの注意点
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る