産後の肥立ちとは?無理をすると辛い更年期がやってくる?!

良ければシェアをお願いします。

腰痛の女性

産後の肥立ちとは、妊娠して出産するまでの10カ月の間に大きく変化した女性の体が、妊娠する前の体に回復することです。具体的にはどのくらいの期間が必要で、産後の肥立ちが悪いとはどういうことなのか、産後の肥立ちと更年期との関係についてご紹介します。これを知っておけば将来訪れる更年期のつらい症状を軽減できるかもしれません。

スポンサーリンク

産後の肥立ちまでのおおまかな流れ

妊娠中大きくなっていた子宮が妊娠前の大きさまで戻る「子宮復古」、子宮が元の大きさに戻ろうとするときに起こる「後陣痛」、分娩後におこる出血などの「悪露」といった症状をともないながら回復へと向かっていきます。

妊娠前の大きさに子宮が戻る「子宮復古」

分娩が終わると同時に母体は急速に妊娠前の状態に戻りはじめます。
分娩中子宮は赤ちゃんを生み出すために収縮を繰り返しますが、出産が終わった後もしばらく続きます。この出産後の子宮の収縮が、分娩後の出血や悪露の排出を促す役目をしています。
これを子宮復古と呼び、約6~8週間かけて子宮は妊娠前の大きさに戻ります。

子宮の収縮によっておこる「後陣痛」

出産の後、子宮は妊娠前の大きさに戻ろうと収縮を繰り返します。このとき下腹部に規則的に感じる陣痛に似た痛みを後陣痛と呼びます。
子宮の回復を促すために起こる後陣痛のピークは分娩当日から翌日。そのあとは徐々に痛みも消えますが、個人差があり3、4日続くことも。痛みがひどい時は、痛み止めの薬を処方してもらうこともあります。

出産を終え不要になったものを排出する「悪露」

分娩時に傷ついた産道、子宮、膣などから出た血液やリンパ液と、出産によって脱落した細胞などが混ざり合い排出されるのが悪露(おろ)と言われるものです。
悪露がだんだん減っていき、出産後の体が妊娠する前の状態まで完全に戻るためには、約6~8週間は必要だと言われています。
この時期のことを産褥期と呼ぶ場合もあります。

合わせて読みたい

産褥期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが、育児と並行して気遣わなければいけないのはママの体です。妊娠中に産褥期の正しい過ごし方を知っておくことで、様々なトラブルに対応でき、心の準備を整えることができま...

産後の肥立ちが悪いと思われる症状

出産後、体が完全に回復するまでの産褥期(約6〜8週間)を経てもなかなか体調が戻らず、産褥熱や乳腺炎といった不調が続くことを産後の肥立ちが悪いと言います。
具体的な症状は、子宮復古不全、産後うつ、尿もれ、腰痛などがあります。

38度以上の高熱が続く「産褥熱」

産褥熱とは、内診などで生じた産道などの傷口からの細菌感染や、止血処理や会陰切開などによって細菌に感染し発熱することです。
また、分娩時の大量出血が原因の抵抗力の低下、胎盤などが子宮に残ったままになっている、悪露の排出が進んでいないなどの理由で発熱することがあります。

子宮の戻りが遅い「子宮復古不全」

子宮復古不全とは、子宮の収縮が弱くなかなか元に戻らないことです。分娩直後の悪露が極端に少なかった場合や、悪露が長引く場合には子宮復古不全の可能性があります。
微弱陣痛などで分娩が長引いたことや、胎盤などが子宮の中に残ったままになってしまった為に、子宮が上手に収縮できないことなどが原因と考えられます。

乳腺が詰まり発熱が続く「乳腺炎」

乳腺炎は、何らかの理由で母乳が乳腺に詰まり炎症が起きることを言います。ほとんどの場合痛みや発熱をともないます。
はじめ小さかったしこりは放置するとどんどん大きくなり、熱を持ったり赤くなったりしてきます。授乳により痛みが生じたり、発熱はないものの搾乳ができないくらいの固さになったりすることもあります。

自律神経のバランスを崩すとなりやすい「産後うつ」

産後うつとは、育児への不安から食欲がなくなったり、気分が落ち込んだり、赤ちゃんや夫への愛情を見失ったり、自分自身では精神のコントロールができなくなることをいいます。食欲不振や不眠が長期間続くこともあります。
産後はホルモンや自律神経のバランスが崩れやすいため、産後うつになりやすいと考えられています。

骨盤の緩みや歪みが原因の「尿もれ」「腰痛」

尿もれは、妊娠出産で骨盤が広がったことによる、尿道や周辺の筋肉の緩みによって引き起こされます。また、骨盤が緩んだり、歪んだままで固定されてしまうと、腰痛になりやすくなります。また骨盤の歪みが原因でストレスやホルモンバランスの崩れを生じることも。
これらは将来、更年期障害の原因となる可能性もあります。

合わせて読みたい

食事でしっかり、産褥期の体力を回復!オススメしたい食事3選
出産という大仕事を終えて、ママはもうヘトヘト。なのに、出産と同時に子育てが始まり、昼夜問わずに休息もままならず、自分のことは後回しになりがち。けれど、この産褥期を乗り切り、体力を回復するために、食事はとても大切です。ここでは、産褥期に特に必要な鉄、タンパク質、カルシウムを含むオススメの食事を...

産後の肥立ちのために気を付けたいこと

心身ともに妊娠出産前の健康な状態に、ゆっくりと時間をかけて確実に戻すことが大切です。特に子宮や骨盤は、妊娠出産前の状態に戻らないまま生活し続けると、将来更年期障害が重くなる傾向にあると言われています。

心と体を休ませる時間をたっぷりとる

産後は心と体を休ませる充分な時間が必要です。赤ちゃんのお世話以外は周囲の人にお願いして、可能な限り睡眠時間を確保し休むことが大切です。
また、体を休ませるために湯船に浸かりたくなりますが血液を含む悪露が続いている間は細菌の感染予防のために、湯船に浸かるのはしばらく我慢してシャワーだけで済ませましょう。

栄養バランスの取れた食事をとる

さまざまな食品をバランス良く摂取することが大切です。特にタンパク質カルシウム鉄分は積極的に摂りたい栄養素です。
また、ママの体力回復とともに母乳のことも考えた食事をとることが大切です。おいしいおっぱいを出すために鉄分、たんぱく質、カルシウム、コラーゲンを含む食材をたっぷり摂ることが必要でしょう。

開いた骨盤を元に戻し目を休める

骨盤の開きや歪みが残らないように産後のケアをすることが大切です。
また、あまり知られていないのが肝臓と目の関係です。東洋医学において肝臓は、目と密接な繋がりがあると考えられ、出産で出血したあとに目を酷使するとさらに血液不足を招き、めまいや、子宮回復にも遅れが出るといわれています。分娩直後の読書などは控えましょう。

おわりに

産後の過ごし方によって、その後の体調に大きな影響を及ぼすことがわかりました。将来訪れる更年期を明るく健康に過ごすためにも産後の肥立ちを良くすることは大切です。気になることがあれば無理せず早めに医師などの専門家のアドバイスを受けることも必要ですね。

ピックアップ

産後ママのために、パパができる9つの事
子どもが生まれて大喜びもつかの間、ママとパパは育児に追われる日々が始まっていきます。可愛いし愛しいし一緒に赤ちゃんと過ごす時間は楽しいですが、それだけじゃないんです。特にママはお産という大仕事終えたあとです!これからのパパの協力がどれだけあるかでママの大変さは変わってきます。ぜひこの記事を読...
お尻が痛い!を助ける、産後に必須なクッションの選び方
産後のお尻の痛さはかなりきついですよね。出産前は大して気に留めていなかったクッションですが、産後は本当にクッションに助けられることが多いんです。ここでは、産後に必須なクッションとは何かそのポイントを紹介したいと思います。自分に合ったクッションを購入できれば産後の生活が本当に楽になるので、意外...
産後の悪露が出きらないと手術も?掻爬手術とは
産後の悪露が長引くと、すごく心配になりますよね?悪露(おろ)は出産ととも排出されるはずだった出産時の内容物が子宮内残ってしまい、それにより出産後も出血や痛みが続くという症状がでることです。誰にでもあることなのですが、あまり長引くと最悪の場合は掻爬手術(そうはしゅじゅつ)という手術をしなくては...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後の肥立ちとは?無理をすると辛い更年期がやってくる?!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る