おしるしっていつまで続くの?色や量など注意するポイント

良ければシェアをお願いします。

おしるしっていつまで続くの?色や量など注意するポイント

出産が近付くとおしるしがあると言われています。に入ると周りの人達から「もうおしるしはあった?」と聞かれる事もあります。聞いた事はあるけれど、おしるしって何?どんなものなの?いつまで続くの?というママが少なくはないようです。今回は臨月に入ってからのおしるしについて、回数や色、量、おしるしがあった時の対応などを詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

おしるしは人それぞれ、みんな同じではありません

出産が近付いているのを、ママの体は色々なサインを受け取って知る事になります。その中のひとつがおしるしです。おしるしをきちんと理解していれば、サインを受け取った時に落ち着いて行動出来ます。出産に向けて気持ちの準備をしておきましょう。

おしるしって一体どんなものなの?

おしるしというのは、もうすぐ赤ちゃんが産まれるという大切なサインです。出産が近くなると、子宮口が少しだけ開いたり子宮が収縮したりして、卵膜が剥がれます。その時に少量の出血があり、子宮頸管の粘膜と混ざり合って外へ出てきます。少し粘り気があり、見た目はピンク色の血液が混じったおりものです。一般的におしるしから数日以内に陣痛が起こるといわれます

いつ頃起きるの?どれくらい続くの?

おしるしが起こるのは、出産当日から3日前が多いのですが、人によっては1週間以上前だったり、おしるしが3日間続いたりもします。一度だけのおしるしで陣痛が始まるママもいれば、何度もおしるしがあるママもいます。期間や回数は個人差があり、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

しかも半数近くのママはおしるしがなかったともいわれています。おしるしがこなくても心配はいりません

おしるしの色や量はどんな感じなの?

ほとんどのおしるしの状態は、少量の血が混じり、少し粘り気があります。ピンク色や茶色、褐色がほとんどですが、卵膜からの出血が混じらない事もありますので、その時はほぼ透明のおしるしになります。中には鮮血の色のママもいるようです。量も少しだけという人から、月経と同じくらいという人まで様々です。

いつおしるしが起こっても慌てないように、臨月近くになったら生理用ナプキンを持ち歩くと安心です。おしるしには個人差があり、こうでなければいけないという決まりはありません

合わせて読みたい

いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...

おしるしが起こっても慌てないで!

出産が近付いてきた事を知らせてくれるおしるしですが、実際に起こった時にはどうすればいいのでしょう?おしるしから出産までは人それぞれ、おしるしを更に理解して、落ち着いて対応出来るようにしたいものですね。

おしるしがあったらどうすればいいの?

おしるしがくると出血がみられるので慌ててしまうかもしれませんが、まず生理用ナプキンをあててください。すぐに陣痛、出産という訳ではありませんので、気持ちを落ち着かせましょう

おしるしがあってから陣痛が始まるまでの時間は個人差が大きく、必ず何日後に陣痛が始まるというものではないのです。近い内に陣痛が始まる事を考えて、心の準備はしておきましょう。

すぐに病院に行った方がいいの?

おしるしがきても、陣痛を感じたり破水したりしていなければ、急いで病院に行く必要はありません。おしるしの後1週間経っても陣痛が始まらないママもいるので、まずは落ち着いてくださいね。

ただし出血が多かったり、繰り返し出血がみられたり、痛みがある時などはトラブルが起きているかもしれません。念の為病院に連絡して指示を受けましょう。

おしるしがあっても入浴していいの?

おしるしの後でも、お風呂に浸かったりシャワーを浴びても大丈夫です。卵膜が破れる為に起こる破水の場合は、雑菌が入る事もあるので気を付けなければいけませんが、おしるしなら心配はありません。

出産後はシャワーを浴びるのも2~3日後、お風呂には1ヶ月くらい浸かれないので、今の内にゆっくり入浴しておくといいですよ。ただし長風呂や熱いお風呂は、体に負担が掛かるので控えましょう。

合わせて読みたい

陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...

おしるしとは違う?似てるけど大丈夫?

おしるしは個人差があるものですが、聞いたり調べたりした症状と違うなど、不安を感じたら自己判断はしないで、一度病院で確認してもらいましょう。これはおしるしなのかな?似てるけどちょっと違うかも?と心配になったら以下の3点を参考になさってください。

これっておしるし?間違いやすい症状は?

出血の量が多かったり、月経と同じような出血が続いていたり、出血と一緒に下腹部の張り、痛みを感じたら、それは異常出血かもしれません。早めに病院に連絡してください。

寝ている時や動いている時にじわじわ出る、自分の意思では止められない、生臭いような独特の異臭がする、色が透明や黄緑や黄色、などの時は破水だと思われます。急いで病院に行く事をおすすめします。

37週未満の場合はすぐに病院へ

妊娠37週未満の出血は、どんなに少量でも必ず病院に行ってください。この時期の出血は、質や量の多少にかかわらず、異常出血と判断されます。の予兆の可能性が高いからです

また激しい痛みを伴う出血の時は、妊娠週数に関係なく急いで病院に行ってください。少しの出血だとしても、胎盤が剥がれている可能性が考えられます。お腹がとても固くなっている時は母子ともに危険な状態になりかねません。

おしるしが起こらないのは大丈夫なの?

おしるしは出産が近付いたというサインではありますが、実際はおしるしがなくても大丈夫、無事に出産を迎えています。おしるしがあったとしても気が付かないママもたくさんいるのです。

おしるしの色が半透明だったり量が少なかったりしたら、気が付くのが難しいでしょう。おしるしがこない!と神経質になる方が出産には良くありません。他にもサインはあるのですから。ゆったりした気持ちで出産を待っていたいものです。

おわりに

おしるしに限らず、出産に関しては個人差が大きいもの。それぞれのママがそれぞれ違った出産経験をするものです。赤ちゃんがこの世界に産まれてくるタイミングを、ママの体に知らせるサインのひとつがおしるしなのです。おしるしが分かったらラッキーくらいの気楽な気持ちでいた方がいいのかもしれませんね。リラックスしてその日を待ちましょう。

ピックアップ

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
お産が楽になる?無痛分娩のメリットとリスクについて
無痛分娩は知っていても、その詳しい内容をご存知の方は少ないかもしれません。分娩時の痛みがなく、楽に出産ができるといわれている無痛分娩ですが、妊婦さんにとって心配なことは「赤ちゃんには影響がないのか?」「本当に痛みが取れるのだろうか?」などではないでしょうか。無痛分娩は本当にお産が楽になるのか?今...
臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
おしるしっていつまで続くの?色や量など注意するポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産前の悩みについて・・・あわせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る