産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法

良ければシェアをお願いします。

整体を受ける女性

出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤の歪みによって、基礎代謝などが低下し、痩せにくい体を作ってしまう原因となることが多いのです。

今回は、産後のダイエットと骨盤のズレの関連性について、お話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

産後はなぜ体重が落ちにくいのか

ダイエットに悩む女性

骨盤の歪み

冒頭ですでに述べたように、妊娠中の体重増加などによって起こる「骨盤の歪み」は、やはり大きな要因となりえます。

元々、骨盤は人間がしっかりと姿勢を保てるよう内臓や体を支える役目を果たしていますが、出産時に限り、赤ちゃんが産道を通りやすい広さまで柔らかく緩んでいるのです。

この状態が産後も続くことから、姿勢が悪くなったり、骨盤周辺の血流なども悪くなったりするため、脂肪を燃焼しにくい体質になってしまいます。

合わせて読みたい

マタニティダイエット
用語マタニティダイエット 読み方またにてぃだいえっと マタニティダイエットとは、妊娠中に行なうダイエットのことです。妊娠中は栄養を常に摂っておく必要があるのですが、あまりにも過剰に摂りすぎると妊婦にとって良くありません。そこで、妊娠中に太り過ぎないようにすることで、母子共...

腹筋の緩み

妊娠中は、「リラキシン」というホルモンが大量に分泌されます。このリラキシンは主に、靭帯や関節などの結合組織を緩やかにし、出産をスムーズにするという働きを持っています。

その際、お腹の中の赤ちゃんは成長する過程でママの腹筋を徐々に引き伸ばしていきますから、どうしても腹筋が緩んだままになってしまうのです。

これにより、腹筋本来の役割である「内臓の保護」ができなくなるため、体が皮下脂肪をためることでバランスを取ろうとします。

基礎代謝の低下

妊娠中は、体を自由に動かすこともままならないため、どうしても運動量は少なくなりますよね。この運動不足が招く弊害が「筋肉量の低下」です。

食事で摂取した栄養やエネルギーをもっとも消費するのは筋肉ですから、このような基礎代謝機能の低下は体重が落ちにくい一因となります。

ダイエットを始める時期はいつがいい?

出産を無事に終えるため、妊娠中は水分や脂肪を蓄えやすい体になっているというお話はすでにしました。出産前の体型に戻すためには、ダイエットは欠かせない要素の一つです。このパートでは、その効果がもっとも期待できる時期について触れたいと思います。

ずばり産後6ヶ月以内が勝負!

産後は体力も落ちますし、育児をしながらのダイエットというのはとても大変です。しかし、産後ダイエットを開始する絶好のタイミングというのは、6ヶ月以内と言われています。というのも、妊娠中についた脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれており、通常のものとは違って水分を多く含んでいます。

この流動性脂肪も、時間が経てば普通の脂肪に変化してしまうため、あまりに放置してしまうと落としにくくなるというメカニズムです。そのボーダーラインが産後6ヶ月というわけですね。

産後1ヶ月以内はムリをせずに

早めのダイエットが効果的だからと言って、産後1ヶ月以内にスタートしてしまうと体に負担をかけてしまいます。まだ自律神経の働きなども充分に回復していませんから、はやる気持ちをグッとこらえ、安静にしていてください。

ただ、この時期に何もできないというわけではもちろんありません。運動をすることができないのであれば、「食事管理」の方から是非始めましょう。栄養バランスの取れた規則正しい食生活をすることで、ダイエットを開始してからの効果も大きく変わってきますよ。

合わせて読みたい

妊婦さんにおすすめ!運動しない安全な3つのダイエット法
まず始めにお伝えしたいことは、妊娠中のダイエットは痩せて美しくなるためのものではなく、赤ちゃんが安全に生まれてくるまでに必要な環境を整えるためのものです。 お腹の中に赤ちゃんが育っているため、妊娠中の体重増加は自然なことですが、増えすぎると子宮や産道にも脂肪がついて難産の原因に繋がります。それ...

骨盤矯正ダイエットをしよう!具体的な方法は?

産後のダイエットを効果的なものとするために、やはり骨盤矯正は必要になってきます。出産を通じて大きく歪んだ骨盤は、基礎代謝機能を低下させ、体型の変化を伴うだけでなく、肩こりや腰痛などの健康面にも大きく関わってくるからです。

その方法はさまざまですが、今回は特におすすめの方法をご紹介したいと思います。

1. ヨガ・ピラティス

ピラティスをする女性たち

骨盤の歪みを整えるには、ヨガやピラティスといったインナーマッスルを鍛える方法が有効的です。このインナーマッスルトレーニングが効果的なのは、体幹を意識したエクササイズを行うことで、基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を助けることができるからです。

なによりも、自然と骨盤の矯正ができ、体のスタイルやラインを整えていくことができるため、過度な有酸素運動を必要とせず、産後のダイエットに最も適した方法の一つでしょう。

やり方としては、トレーニング方法をDVDで解説している教材もありますし、実際に教室やスタジオに通い、レッスンを受けるという選択肢があります。都合に合わせて選んでみてください。

2. 整骨院での施術

骨盤矯正をする女性

産後1ヶ月~2ヶ月経過し、体も順調に回復してきたら整体や整骨院での骨盤矯正施術を受けるのも効果的です。特に整骨院では保険もきくため、費用面でも無理せず通うことができると思います。

主な施術内容としては、体全体のバランスを整えるためのマッサージやストレッチ、ゴムバンドやテーピングを用いた矯正術が挙げられます。

ご自宅で継続してできるストレッチ方法などを伝授してくれる整骨院も多いですから、相談をしながらダイエットを進めていくことが可能です。

3. 自宅でできるエクササイズ

エクササイズをする女性

自宅だけで骨盤矯正をする方法としては、骨盤ベルトやガードルタイプのものを使用したやり方が効果的です。お腹周りの骨盤を継続的に引き締めることで、矯正を促します。

同時に、ストレッチや体操も忘れずに行ってください。仰向けになって膝を90度に曲げながら左右に運動を繰り返したり、立ったまま腰を両手にあてて大きく回したりする「骨盤回し体操」などが一般的です。家事の合間などに自分のペースでできるということが、自宅で行う最大のメリットでしょう。

おわりに

いかがでしたか?今回は、産後に体重が落ちにくい理由として、「骨盤の歪み」を取り上げました。知識がないまま、痩せるためのダイエットを永遠と繰り返したとしても、本当の効果は得られません。

特に産後6ヶ月を過ぎると、流動性の脂肪がそのまま定着してしまうなど、どんどん状況が悪化してしまいます。出産後の骨盤矯正は、必ず行うものであるという意識を是非持ってみてください。

ピックアップ

妊娠中の体重管理に効果的な食事法とは
妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹が空きやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと言って体重管理をきちんとせずに気の赴くままに食べ続けてしまうと、どんどん体重が増え、難産になりやすい体になってしまいます。そうならないためにも、上手に体重管理を...
妊娠中の体重増加に注意!3つの時期ごとの体重管理術
最近は妊娠中の体重管理が妊婦健診の中でも大切なチェック項目とされています。しかし、体重のことばかりを気にしているのは、精神的にも辛いですし、赤ちゃんにも悪影響です。 ここでは体重増加にフォーカスを当て、妊娠時期に応じた体調管理のコツを3つご紹介します。コツを掴んで心身共に健康的なマタニティライ...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産後の悩みについて・・・あわせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
産後ダイエットはいつからはじめるといい?目安体重は?
一般的に、女性は出産後体重が10キロ程度増加すると言われています。妊娠、出産は女性の身体にかかる負担が大きいため、様々な変化を引き起こしてしまい、体質などが変わってしまうことがありますが、体重の増加もそのひとつと考えられています。 妊娠・出産によって変わってしまった体型や体重を気にして、産後ダ...
産後の悪露はいつまで続く?出血量や匂いはどう?
初めて出産する方にとって、産後の出血“悪露(おろ)”は、どのように対処すればいいのか気になることでしょう。悪露は、産後の子宮をもとに戻す大切な機能ですが、正しい状態を知ることや、事前の準備などが重要となります。 特に、悪露の状態を知っておくことで、母体の回復や隠れた病気などを発見でき...
妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今まで見たことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話して...
産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明
産後に性欲減退が起きてしまって、悩んでしまう女性もいらっしゃるようです。夫との夜の営みがなくなって、不安を感じている人も多いでしょう。しかし産後すぐは、休む暇もなく育児で目まぐるしい毎日を送ることになります。可愛い赤ちゃんを一生懸命育てていると、どうしても性行為をする気になれないものです。性欲減...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る