お産が楽になる?無痛分娩のメリットとリスクについて

良ければシェアをお願いします。

出産前

は知っていても、その詳しい内容をご存知の方は少ないかもしれません。分娩時の痛みがなく、楽に出産ができるといわれている無痛分娩ですが、妊婦さんにとって心配なことは「赤ちゃんには影響がないのか?」「本当に痛みが取れるのだろうか?」などではないでしょうか。無痛分娩は本当にお産が楽になるのか?今回は、無痛分娩のメリットとリスクについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

無痛分娩とは

分娩台

無痛分娩は、麻酔薬を使い、出産の痛みを抑える分娩方法です。「無痛」の言葉から全く痛みがなく出産できるイメージを持つ人もいますが、麻酔により痛みをやわらげるだけで全く「無痛」になることはありません。無痛分娩で多く使われる方法が「硬膜外鎮痛法(硬膜外麻酔)」です。これは、脊髄の外側にある硬膜外腔という部分に細い管(カテーテル)を挿入し、麻酔薬を入れる方法です。痛みを感じる知覚神経を薄い麻酔で麻痺させますが、運動神経にはほとんど影響がなく、いきむこともできます。麻酔薬は妊婦の血液にわずかに入る程度なので、赤ちゃんへの影響もありません。

無痛分娩の方法は施設によってさまざまですが、一般的には陣痛が始まってしばらくしてから、無痛分娩を行います。妊婦の希望に合わせて麻酔量を調節しながら痛みをやわらげていきます。痛みが少なくなること以外は通常の分娩と同じで、お医者さんの指示に従いながらいきんで出産します。

合わせて読みたい

安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?
「安産体型だと、出産が楽である」という話をよく耳にしますが、実際に安産型とはどのような体型なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。安産であることに越したことはないため、自分が安産型に当てはまるのかどうか気になるところでしょう。 そこで今回は、安産型とはどういう意味なのか、そして本当に...

無痛分娩のメリット

  • お産のつらい痛みをやわらげることができる
  • 赤ちゃんが生まれる瞬間に余裕をもって臨むことができる
  • 痛みが軽く出産の疲労が少ないため、産後の回復が早い
  • 高齢出産のリスクを軽減できる
  • 持病を持っている妊婦の出産リスクを軽減できる

また、赤ちゃんにも大きなメリットがあります。通常分娩では、出産で痛みを感じると血管は収縮し胎盤から赤ちゃんへ送られる血液の量が減ってしまいますが、無痛分娩なら痛みによる血管の収縮を抑えることができ、赤ちゃんにたくさんの酸素を届けることができます。無痛分娩は痛みが軽減されることで、妊婦と赤ちゃんの負担を減らすことができる分娩方法なのです。

無痛分娩のデメリット

  • 麻酔の効き方によって痛みを十分に軽減することができない場合がある
  • 麻酔が効きすぎた場合、十分にいきむことができない可能性がある
  • 通常分娩よりも費用がかかる

無痛分娩では麻酔を使用するため、その効果によるデメリットが生じる場合があります。
麻酔の効き方には個人差があり、痛みを十分に軽減することができない場合があります。一方、麻酔が効きすぎてしまう場合には、十分にいきむことができなかったり子宮収縮が弱くなってしまったりして、「鉗子分娩」や「吸引分娩」になる確率が通常の分娩より高くなります。また、通常分娩よりも費用がかかるデメリットもあります。出産する施設によっても大きく異なりますが、通常の分娩費用に加えて10万円ほど余分に費用がかかってしまいます。

合わせて読みたい

芸能人も行っている水中出産!出産までの流れと費用について
最近テレビでも芸能人が実践したことで話題になった水中出産。山田優さんはじめ、長谷川潤さん、歌手のAIさんなどが水中出産をご経験されました。 水中出産と聞いて、あなたはどのような出産を想像するでしょうか。今回は、水中出産を広く知っていただくために、自然分娩と何が違うのか、出産までの流れや費用、メ...

無痛分娩のリスク

麻酔

無痛分娩では麻酔薬を使用するため、多くの妊婦が赤ちゃんへの影響を心配します。しかし、無痛分娩による赤ちゃんへの影響は、ほぼないといわれています。無痛分娩で出産した直後の赤ちゃんの心拍数や呼吸状態、皮膚の色、反射などをテストした研究結果では、大きな影響は見られないとの研究結果が出ています。

以前は無痛分娩のリスクとして、「無痛分娩は自閉症の原因になる。」という話がありましたが、このような調査結果はどの医療機関からも出ていません。また、無痛分娩での出産は帝王切開になる確率が上がるとの誤解もありましたが、現在では無痛分娩と帝王切開は無関係との考え方が一般的です。しかし、無痛分娩は麻酔薬を使用するため、しっかりとした設備と医療体制の整った施設で出産することが大切です。

高まる関心と根強い誤解

海外の無痛分娩をする妊婦

アメリカでは約60パーセントが無痛分娩による出産といわれていますが、日本ではまだまだ一般的に普及していません。日本では「おなかを痛めて産まないと愛情不足になる。」など「産みの苦しみ」を重んじる風習が影響しているため、妊婦が無痛分娩を希望しても周囲が反対する傾向があるといわれています。また、欧米に比べ無痛分娩を提供できる施設が少ないのも実情です。しかし、高齢出産の増加などにより、無痛分娩への関心は徐々に高まってきています。母子への負担の少ない無痛分娩は、これからの出産における選択肢の一つとして今後ますます関心が高まっていくと考えられます。

おわりに

今回は、無痛分娩のメリットとリスクについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。日本ではまだまだなじみの薄い無痛分娩ですが、これからは徐々に、無痛分娩による出産も増えてくることになるでしょう。今回ご紹介した内容を参考に、専門医とリスクや方法についてしっかりと相談しながら、無痛分娩を検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...
出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
お産が楽になる?無痛分娩のメリットとリスクについて
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る