さい帯血のことが知りたい!提供に同意した方がよい?母体への影響は?

ママと赤ちゃん
2006年秋篠宮紀子様がご出産された際に提供したことで話題になったさい帯血。妊婦健診の際に待合室等にあるポスターやパンフレットを目にして興味を抱く方も多いのではないでしょうか。提供するかどうか、提供先をどこにするか。出産時に採取するさい帯血をどうするかは妊娠中の早い段階で決断しなければなりません。メリット、デメリットを考え夫婦でよく話し合いましょう。

スポンサーリンク

さい帯血が注目されるのはなぜ?

さい帯血は、赤ちゃんとママをつなぐへその緒に流れている血液です。白血病の治療などで使われることは聞いたことがあってもなぜ提供、保存が呼びかけられているのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。まずはさい帯血について勉強しましょう。

難治性の血液疾患の有効な治療法

出産時にしか採取することのできない貴重な血液であるさい帯血には、造血幹細胞という血液のもとになる細胞が豊富に含まれ、高い造血能力があります。そのため白血病や再生不良性貧血など難治性の血液疾患の病気治療法として注目されています。細胞自体が若くHLA型が完全に一致しなくても移植が可能となり、骨髄移植より適合率が高くなっています。

再生医療や細胞治療への応用研究も

難治性の血液疾患だけでなく近年は再生医療や細胞治療など最先端医療への応用研究が進み、脳神経障害や自己免疫疾患などの治療法としての活用が期待されています。海外にて脳障害治療にさい帯血を使う臨床試験が行われているという報告もあります。今現在の病気を治すためだけでなく、研究材料としても需要が高くなっています。

捨てられる血液が誰かの命を救う

さい帯血はママが希望しない限り採取されません。現在もそして将来もさまざまな難治性の高い病気治療に役立つことがわかっていますが、出産時にしか採取できない貴重な血液が通常は廃棄処分されているのです。通常捨てられてしまう血液が病気に苦しむ人を救うことができるのです。また、さい帯血は骨髄と違い採取時に痛みがありません。赤ちゃん誕生後、胎盤が出るまでの数分間に採取完了となります。ドナーの負担が少ない点からも提供が呼びかけられています。

合わせて読みたい

この世の痛みのなかで最強?陣痛の痛みってどれくらいか教えてほしい!
初めてお産をするプレママさんは、出産して赤ちゃんに早く会いたいと思う反面、陣痛の痛みを不安に思っているのではないでしょうか?いろいろな話を聞いてはいても、体験したことがない分、心配になってしまうのは当然かもしれません。今回は陣痛がどのような痛みなのか、痛みを少しでも和らげるための方法などをご紹介...

採取することを決めた場合にすること

さい帯血はへその緒を切った直後にしか採取できません。そのため、無事に採取完了し、提供・保管できるようにするためには病院や医師の協力が欠かせません。採取することを決めた際は、安心して出産に臨めるようなるべく早く行動を開始しましょう。

まずはすぐに主治医に相談しましょう

さい帯血採取を決めた場合はすぐに主治医に相談しましょう。採取自体は2~3分ほどで終わり痛みも無いものですが、採取キットの準備や保管手続きなど事前準備が必要になります。注目はされていますがまだまだ採取する人は少なく病院や医師によっては未経験の場合もあります。貴重な血液を医師や助産師の不手際で採取できないということにならないようにしましょう。

採取したさい帯血の使い道を決めましょう

さい帯血を採取するかどうかを決める際、そのさい帯血をどうしたいかも夫婦でよく話し合う必要があります。なぜならばそれにより公的バンクか民間バンクかの選択が変わり、費用の有無も変わるからです。今現在苦しんでいる人に使ってもらうのか、将来のために残しておくのか。メリット、デメリットをよく理解し決めましょう。

採取する場合は転院が必要な場合も

公的バンク、民間バンクはそれぞれ採取する際の決まり事があります。公的バンクの場合は提携している病院でしか採取できません。そのため転院が必要になります。民間バンクは病院や主治医が承諾すれば転院は必要ありませんが、採取経験が少なかったり人手不足が懸念されたりする場合は採取自体を断られる可能性があります。その場合は採取してくれる病院を探し転院しなければなりません。

合わせて読みたい

この世の痛みのなかで最強?陣痛の痛みってどれくらいか教えてほしい!
初めてお産をするプレママさんは、出産して赤ちゃんに早く会いたいと思う反面、陣痛の痛みを不安に思っているのではないでしょうか?いろいろな話を聞いてはいても、体験したことがない分、心配になってしまうのは当然かもしれません。今回は陣痛がどのような痛みなのか、痛みを少しでも和らげるための方法などをご紹介...

目的により違う公的バンクと民間バンク

現在日本ではさい帯血の提供・保管先として公的バンクと民間バンクがあります。それぞれ目的が異なるためバンク間の行き来はできません。そのため採取したさい帯血をどう活用したいのかにより選ぶバンクも異なります。違いを理解し、希望に合う方を選択しましょう。

費用負担なし。寄付が目的なら公的バンク

今現在さい帯血移植を必要とする患者さんを助けるためにさい帯血を提供したい場合は公的バンクを選択します。「第三者に寄付」という形になりますので、採取や検査など一切費用負担はありません。提携先の病院で出産するだけです。提供したからといって将来病気になった際に優先して提供を受けられることもありませんし、自分のさい帯血を病気治療で使いたいとなってもできません。

10年20~30万円。保管が目的なら民間バンク

将来赤ちゃんや家族が病気になった際に利用するためにさい帯血を保管したい場合は民間バンクを選択します。「保険」のようなものになりますので、採取や検査といった初期費用、年間保管料などの費用がかかります。各民間バンクにより金額は異なりますが、平均10年保管で20~30万円。費用はかかりますが病気になった場合への備えや安心感はお金にはかえられないものがあります。

提供・保管できない場合もあります

公的バンクの場合、移植用に保管するには国の厳密な基準があり、採取や検査態勢が整わないと採取自体を断られる場合があります。民間バンクの場合も検査結果により細胞数が少なかったり、異物やウイルスが確認された場合は保管を断られてしまいます。必ず提供・保管できるとは限りませんので、各バンクの注意事項は事前にきちんと確認しましょう。

おわりに

さい帯血の必要性可能性を知ってしまうと採取するかしないかさらに迷ってしまいますよね。採取すると決めた場合はきちんと調べ準備する必要がありますので、少なからずママの心身へも負担がかかります。さい帯血採取の前に無事に出産することが何よりも大切です。そのことを忘れずに無理なく後悔しないよう夫婦でよく話し合い決めることが重要です。

ピックアップ

まもなく出産予定日!お腹の赤ちゃんを下げる9つの方法
出産を間近に控え、母体では足の付け根が痛んだり、恥骨が痛むようになったり、おりものの量が増えたりなど様々な変化が起こってきます。お腹の赤ちゃんもいつ生まれても大丈夫なように内臓器官は全て完成している状態ですし、背中を丸めて、手足を組み、あたまを骨盤の中に固定してきます。しかし赤ちゃんが下がっ...
辛い産後を乗り切ろう!産後の家事サービスはココにお任せ!
産後、実家が遠くて帰れない、両親がいないなど様々な理由で育児と家事をこなさなくてはいけない状況のママも多いのではないでしょうか。そんな時に、利用したいのが家事サービスです。近年は、家事サービスを行っている企業が増えてきているので、一人で育児と家事を抱え込まなくても大丈夫。ママは、育児にだけ専念す...
若年出産と高齢出産、それぞれの特徴を比較
多くの女性が妊娠と出産を経験します。けれどもその時の年齢によっては、体の作りや機能面で通常と違いが出てくることも。そのため若年出産と高齢出産では抱えるメリットやデメリットも違ってきます。 デメリットを知らずに「知らなかった」と後悔するよりも、どんな違いがあるのか理解した上で人生のプランを立...
7歳3歳1歳の1男2女のママです。毎日子育てに奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
さい帯血のことが知りたい!提供に同意した方がよい?母体への影響は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る