自宅で出産してみたい!費用はどのくらい?自宅出産のメリットデメリットは?

自宅出産
自宅出産について考えたことはありますか? 現代では出産といえば病院で産むのが主流ですが、中には自宅で出産を行う人もいます。助産師の力を借りて自宅で分娩を行う自宅出産にはさまざまな利点があります。お産はママにとって大変な重労働。自分の安心できる環境を選びたいですよね。今回は、自宅出産の費用相場やメリット・デメリットをご紹介します!

赤ちゃんをどこで産む?病院か自宅か

病院か自宅か
妊娠が分かったとき、まず真っ先に考えたいのが出産場所です。少子化の時代とはいえ、分娩予約を早めに締め切る病院が多く、施設が少ないエリアでは、妊娠初期の段階で予約する人がほとんどです。
とはいえ、どこで産むかは大きな問題です。すぐに決めなければいけない一方で、じっくり考えてから選びたい気持ちもありますよね。

病院だけじゃない!「自宅出産」という選択

出産場所を早くから決めておきたい理由はもう一つあります。それは病院や助産院など分娩施設以外でのお産、つまり「自宅出産」を検討している人のケースです。
自宅出産とはその名の通り、助産師の介助のもと、自宅で分娩を行うこと。一昔前は自宅出産が主流でしたが、現代では病院で出産することが一般的です。そのため、自宅出産を扱う助産師は減少しているといわれています。自宅出産を考えている人は、早めに助産師を探しておくことが重要なのです。

自宅出産をかなえる「助産師」の存在

初めて赤ちゃんを授かったママにとっては、助産師と聞いてもあまりなじみがないかもしれません。助産師とは助産行為の専門家で、国家資格の保持者です。妊娠中は健康指導、出産後は授乳などをサポートしてくれます。そしていざお産本番となったら、このときこそ助産師が本領発揮する場面です。赤ちゃんの心拍やママの血圧などを確認し、分娩の経過を管理するとともに、お産をリードしてくれます。陣痛の痛みを逃がす方法、そして、いよいよ赤ちゃんが出てくる場面ではいきむタイミングを教えてくれます。まさに、助産師あってのお産。助産師とは妊娠と出産、産褥(さんじょく)期をトータルにケアしてくれる出産のエキスパートなのです。

合わせて読みたい

陣痛は寝ると遠のく?寝ると遠のく理由と陣痛を起こす方法
陣痛は寝ると遠のく?寝ると遠のく理由と陣痛を起こす方法
臨月に入り出産予定日が近づいてくると、気になるのはいつ陣痛が来るのかということ。下腹部を中心に陣痛のような痛みを覚えて「いよいよか?」と...

自宅出産をするには?条件と費用

自宅出産の費用
自宅出産について興味を持った妊婦さんは、まずは自宅出産を引き受けてくれる助産師を見つけることから始めましょう。すべての助産師が自宅出産に対応できるわけではありません。助産師協会の公式サイトを参照して、近隣の助産師を探してもいいでしょう。また、地域の保健センターやママ同士の口コミから情報を得る人も多いそうです。

自宅出産をできる人の条件とは!?

病院ではなく自宅で行う出産とあって、すべての人が自宅出産を行えるわけではありません。助産業務ガイドラインによると、以下にあてはまる点がある場合は、分娩に際して医師の管理が必要だとされています。

  • 合併症がある
  • 子宮筋腫や子宮がんなど婦人科疾患の病歴がある
  • B型肝炎など母子感染のリスクがある
  • 以前の出産で帝王切開だった
  • 逆子、羊水過多、など妊娠の経過に異常がある

助産師が行えるのは、あくまで経過が良好な妊婦の自然分娩です。上記以外にも、医師の管理が適切だと判断される場合は、自宅出産の対象外となります。

自宅出産の費用と出産育児一時金

気になる自宅出産の費用ですが、入院費用がかからない分、コストは抑えめだといわれています。助産師・助産院によって設定金額に幅がありますが、45万円~50万円程度を見ておいた方がよいでしょう。この金額から出産育児一時金として支給される42万円を差し引くため、実費負担は3万円~8万円です。
中には「自宅出産の費用が42万円未満に収まり、余剰分が支給された」という体験談も寄せられています。ただし、あくまでケース・バイ・ケースで、自宅が遠方にある場合の交通費など、余分に費用がかかることもあります。

合わせて読みたい

自分が望む理想の出産をするためにバースプランを決めよう!
自分が望む理想の出産をするためにバースプランを決めよう!
待ちに待ったわが子誕生の瞬間は、いつまでも心に残るような瞬間にしたいと願うことでしょう。出産のときにどう向き合いたいのかの理想もあるはず...
30代前半。夫、長女3歳、長男1歳の4人家族。商社営業を経て出産。初めての出産で分娩トラブル、乳腺炎、産後クライシス、保活失敗など…数々の「洗礼」を受けた経験から『特別なことをするのではなく、地に足の着いた育児』をモットーに、日々奮闘しています。現在は一時保育を利用してライター業に従事。保育士資格を所有。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
自宅で出産してみたい!費用はどのくらい?自宅出産のメリットデメリットは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る