閉経を迎えた女性でも妊娠の可能性はある?ない?

良ければシェアをお願いします。

50代女性

長年女性の宿命のようなものとして続いた生理、月経にも50歳前後になると閉経という終わりの時が訪れます。卵巣の機能が衰え始める40歳以降から50歳前後までには月経周期も変化し、生理が来たり来なかったりと乱れたりもします。このような時期に生理が来なくなった場合、それは閉経なのでしょうか。実は完全に閉経したとの判断は難しく、妊娠する可能性もないとはいえません。

スポンサーリンク

閉経後に妊娠する可能性はある?

閉経は女性に必ず訪れるデリケートな出来事の一つです。生理は生命を繋ぐ妊娠には必要な機能でしたが、心身ともに不安定になる更年期を経て訪れる生理の終わり・閉経を迎えてしまうと、女性は本当に妊娠することがなくなるのでしょうか?

そもそも閉経ってどういうこと?

実は女性の卵子は胎児の時代に既に卵巣の中に出来上がっており、初潮が始まると生理周期とともにされ続け、減ったからといって新しく作られることもなくただただ消費されていきます。閉経とはその卵子が全て排卵されてしまい、枯渇してしまった状態を言います。医学の上では生理が来ない状態が1年以上続くと、閉経したと見なされます。

完全に閉経したら妊娠は不可能です

完全に卵子が無いのであれば、性交によって精子が入ってきたとしてもする対象がない状態ですから、妊娠をすることはあり得ません。ですから、完全に閉経した状態ではもう妊娠は不可能です。1年以上無月経であれば完全閉経したとは見なされますが、ただし、そんな状態でも実は完全閉経しておらず妊娠することがあるという非常にまれなケースも存在します。

完全に閉経したかどうかの判断は難しい

完全に閉経したのかどうかという判断は非常に難しいことです。特に閉経が近い年齢になってくると生理周期は乱れることが多く、何ヶ月も生理が無かったかと思うとまた再開する、ということも少なくありません。1年以上生理が無かったら閉経、という目安以外には計測した基礎体温高温期があるかということや、病院で診察・検査を受けるという判断方法があります。

合わせて読みたい

何歳まで出産可能?妊娠可能年齢とはなにか
平均初産年齢が上昇傾向にあり、現在では30歳を超えています。これにともない30代後半や40代になってから出産をする女性も増えてきています。どうしても子どもが欲しい夫婦の場合、40歳を過ぎても妊活を続けることも珍しくありません。では、現実的に何歳まで出産できるのか気になる人も多いでしょう。ここ...

更年期になったらもう妊娠しないの?

40代に入ると女性の卵巣機能は急速に衰えていき、平均すると50歳前後で閉経を迎えます。閉経を挟んだ前後10年くらいの期間を更年期といいます。つまり45歳〜55歳くらいに更年期を迎える方が多いのですが、更年期と妊娠する可能性のある期間はまた少し違った話となります。

閉経したと思ったら妊娠だった!という話も

前述の通り、完全に閉経しておらず排卵している間なら、可能性は低いとはいえ更年期でも妊娠する可能性があります。かなり長い期間生理が来ないため、自分はもう閉経したんだなと思っていた女性が、実は妊娠していたという話もあります。まさかこの年で妊娠するはずがないと思い込んでしまいますが、可能性はゼロではないのです。

閉経したら、避妊はしなくてもいい?

更年期といえる年齢になり長期間生理が来なければ、もう妊娠することはないと考えてしまうのも無理からぬことです。しかしそんな状態でも排卵が起こっている可能性はあります。高齢でも望まない妊娠→中絶→母体に危険の起こるケースも考えられるので避妊は必要と言えるでしょう。もし完全閉経していたとしても、感染症の予防という点から、性交時は避妊具を使用した方が望ましいといえます。

妊娠したい女性を悩ませる早発閉経とは?

まだ閉経する年齢にはほど遠いはずの20~30代の女性でも、様々な原因によって卵巣機能が低下し閉経することがあり、これを早発閉経といいます。卵巣機能が停止して排卵が起こらなくなるため妊娠することが非常に困難であり、妊娠を望む若い女性にはとても辛い病気です。卵巣が機能していないことで更年期症状と同様の症状が起こります。

合わせて読みたい

高齢出産時の母体の病気リスクとは
昨今の社会情勢の移り変わりとともに、35歳を過ぎてから出産する「高齢出産」が増加傾向にあります。高齢出産には流産や帝王切開など、妊娠・出産のリスクが高まると言われていますが、いったいどんなリスクが懸念されるのでしょうか。以下を参考に、さまざまな病気リスクの理解を深め、もしものときに備えましょ...

完全閉経後、それでも妊娠するためには?

完全閉経などで卵子が無くなれば妊娠は不可能ですが、それでも子どもを望む方もいらっしゃいます。そんな場合の最後の手段が卵子提供です。閉経後であれば母体は確実に老化しているためリスクも高く、様々な意味で非常にハードルの高い妊娠となります。

どんな人が卵子提供の対象になる?

卵子提供を受けなければ妊娠できない状況とは、自分自身に卵子がない、あるいは妊娠する能力のない卵子しかない可能性がある場合になります。完全閉経した場合だけでなく、生まれつきまたは何かしらの病気で卵巣に異常がある方、卵巣を摘出した方、化学療法や放射線療法を受けた方、そしてどんなに不妊治療をしても妊娠に至らない方も対象となります。

卵子提供を受けての不妊治療による妊娠

残念ながら日本国内ではまだ様々な制約があり条件も厳しく、卵子提供を受ける体制は整っていません。そこでアメリカやマレーシア、タイなどに渡航して、若く健康な女性の卵子の提供を受け、体外受精を行うのが一般的な流れです。卵子の提供を受けるまでには面談や契約、ドナーの選定、検査など様々な手続きが必要ですし、渡航や不妊治療、その費用の負担もかなりのものになります。

卵子提供による妊娠の母体へのリスクとは?

提供される卵子は全くの他人のものなので、流産早産のほか多胎児になる可能性や妊娠中に何かしらのリスクの起きる可能性が高くなります。完全閉経が原因で卵子提供を受ける場合には、母体が老化しているため妊娠したとしても高リスクとなり、出産後も糖尿病や高血圧などを発症しやすくなります。無事に出産しても、卵子提供を受けたことを子どもに伝えるかどうかや高齢での出産のため子どもの成長をいつまで見届けられるかなど深刻な問題も残されます。

おわりに

妊娠は女性の卵子あってこそのものですので、完全に閉経をすれば妊娠することはなくなりますが、閉経したかどうかはっきりと判断のできない期間は思いのほか長期間に渡っています。更年期を迎えても妊娠の可能性は決してゼロではありませんので、妊娠を望まない場合は避妊が必要となってきますし、望む場合は年齢相応の覚悟が必要となってくるでしょう。

ピックアップ

高齢出産で考えたい「卵子提供」とはなにか
女性の社会進出が進むにつれて、高齢出産の比率が高まる中、自然妊娠が困難なケースも増加しています。不妊治療としての体外受精の選択肢として卵子提供が注目を集める中、日本ではまだ自由な卵子提供が認められていないため、海外に活路を求める人が急増している現状です。 ここでは、高齢出産での卵子提供について...
リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける5つの注意点
平均初婚年齢が上昇傾向にあり、それにともない女性が第一子を産む年齢も高くなっています。現在では平均初産年齢が30歳を超えており、35歳を超えてから出産する人も珍しくなくなってきました。なかには、40歳を超えてから出産をする女性も増えてきています。 しかし、高齢出産にはリスクがともないます。無事...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
閉経を迎えた女性でも妊娠の可能性はある?ない?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る