良ければシェアをお願いします。

分娩まであと少し!陣痛室で待機するときに必要なものと心構え

良ければシェアをお願いします。

ベッドの上の笑顔の妊婦さん
定期的ながはじまってから実際に分娩に至るまでには、まだ長い道のりが待っています。この陣痛がはじまってから分娩台に上がるまでの間に、妊婦さんが待機している部屋を「陣痛室」と言います。今回は、陣痛室とはどんなところなのかをはじめ、陣痛室で待機するときに必要なものと心構えについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「陣痛室」って?陣痛室についての基本情報

「陣痛室」はその名前通りに、陣痛がはじまった妊婦さんが分娩台に上がるまでの間、待機している部屋のことを言います。ここでは、陣痛室とはどんなところなのか?どんな種類があるのか?などの基本情報について見ていきましょう。

陣痛室は陣痛が進み分娩するまでの待機部屋

陣痛が10分間隔で定期的に来るようになれば、いよいよ出産開始の合図です。とはいっても、実際に分娩台に上がるまでにはまだ時間がかかります。陣痛室は、陣痛が進みが全開して分娩台に上がれる状態になるまで、妊婦さんが「陣痛の痛みに耐える場所」とも言えるでしょう。一般的には、陣痛室と分娩室は隣り合っていることが多く、いざ分娩開始というときにはすぐに分娩台に上がれるようになっていることがほとんどです。

病院によっては個室と相部屋がある陣痛室

病院によって、個室の陣痛室の場合と相部屋の陣痛室の場合があります。相部屋の場合には、あらかじめ、他の妊婦さんと一緒になることを想定しておくと良いでしょう。個室には、他の人に気兼ねなくリラックスできるというメリットがありますが、相部屋にも、同じ痛みを共有する妊婦さんと会話が弾むなどのメリットがあります。もっとも、気にしていられるのも最初のうちだけで、陣痛が本格化してくれば気にしている余裕がなくなるというのが実際のところです。

陣痛室と分娩室がひとつのLDR(陣痛分娩室)も

最近は、陣痛室と分娩室がひとつになったLDR(陣痛分娩室)で分娩をする病院も増えてきています。このLDRは、ベッドがそのまま分娩台に変身してしまうという優れもの。子宮口全開で苦しい中、分娩室まで移動しなくてもすむことは、これから分娩に向かって体力を温存しておきたおい妊婦さんにとって、とても優しい設備となっています。気になる方は、前もってLDRがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

合わせて読みたい

分娩の進行に重要な要素はこの3つ!分娩の三要素とは何だろう!
分娩の進行に必要な「分娩の三要素」って聞いたことありますか?すべての出産において、この三要素は必要不可欠です。あまり耳にすることの少ない言葉ですが、今回はこの三要素である「娩出力(べんしゅつりょく)」「産道」「娩出物(胎児および胎児付属物)」と分娩の進行について紹介していきます。分娩をスムー...

【陣痛間隔別】陣痛室ですることと心構え

それでは、出産に至る本陣痛がはじまり、実際に陣痛室に入ったときにどんなことをするのでしょうか?どんな心構えが必要なのかを含め、陣痛の間隔と、おおよその子宮口の開き具合別に、大きく3つに分けてみていきましょう。

【1】陣痛が10分から6分間隔・子宮口約3cm

陣痛室に入ってしばらくは定期的な陣痛はあるものの、まだ十分余裕がある時期です。初産の場合ですと分娩まではまだ10時間以上かかることもあるので、陣痛室にいる間に何か口に入れておくと良いですね。痛みや緊張であまり食欲がわかないかもしれませんが、これも元気な赤ちゃんを産むためだと思って、エネルギーを充填しておきましょう。

【2】陣痛が5分から4分間隔・子宮口約5cm

陣痛が、5分から4分間隔になると、子宮口は5cmほど開いてきます。子宮口の全開は10cmほどなので、ちょうど中間地点といったところです。陣痛の痛みは最初と比べてかなり大きくなりますが、陣痛と陣痛の間にはまだ動くことができます。これから後は、トイレに行く余裕もなくなるので、今のうちにトイレをすませておきましょう。

【3】陣痛が3分から1分間隔・子宮口約8~10cm

陣痛が3分から1分間隔になると子宮口が8cmほど開いてきて、痛みもいよいよ最大になる時期です。ここから、早ければ1時間ほどで出産になり、「いきみたい感覚」が襲ってきますが、子宮口が10cmになり全開するまでは、まだいきむことはできません。この時点がいちばんつらい時期になりますが、お腹の中の赤ちゃんもママと一緒に頑張っていますので、心を強く持ってください。

合わせて読みたい

初産婦と経産婦の分娩の違いは?!痛み、時間さまざまな違いを学ぼう!
よく、「初産婦」と「経産婦」では分娩にかかる時間や陣痛に違いがあると聞きますよね。ですが、どのくらい違いがあるのか把握していますか?特に初妊婦の方は、どんな違いがあるのか気になっているのではないでしょうか。そこで個人差もありますが、今回は一般的に言われている初産婦と経産婦の妊娠・出産時の違い...
22歳17歳10歳三人の子持ちママ。恋愛小説や趣味で育児4コマ漫画を描いてます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
分娩まであと少し!陣痛室で待機するときに必要なものと心構え
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る