【医師監修】必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


陣痛の妊婦
さて、いよいよ予定日・・・のはずですが、陣痛がこない。しかし、慌てなくても大丈夫です。ほとんどのケースでは、多少予定日が過ぎても赤ちゃんが自分のタイミングで陣痛を起こしてくれます。ですが、予定日を10日過ぎても陣痛がこないときや陣痛が流れに乗らないとき、無事に出産を行うため、陣痛促進剤を使うことを提案されることがあります。陣痛促進剤を使うのは、出産を進めたい時です。どんな痛みがくるのか予想もできないママさんたちのために、陣痛促進剤についてご紹介します。

陣痛促進剤ってどういうものなの?

看護師の点滴
陣痛促進剤は、陣痛が自然に来ないために薬で子宮の収縮を促さなければならない妊婦さんが使うためのものです。予定日を超過しても陣痛がこない、破水したのに陣痛がこない、微弱陣痛といったケースで使われます。薬の力を借りて、陣痛を起こすというものです。

陣痛促進剤を使えば陣痛はくるものなの?

もちろん、個人差があり効く妊婦さんと効かない妊婦さんがいます。促進剤を使ったから、必ず陣痛がくるとは限らないのです。あくまでも、陣痛を促す薬であって「必ず」とは言い切れません。陣痛促進剤を使っても陣痛が弱いときや子宮口が開かないときは、帝王切開に切り替わる場合があるので、頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

陣痛促進剤に使われる薬ってどういうもの?

陣痛促進剤を使用する場合は、一般的に点滴で投与します。この点滴は、子宮の収縮を促すオキシトシン製剤とよばれる薬液であることが多いです。微量から始めて、陣痛の強弱に合わせて点滴の投与量も変わっていきます。それでも効果が見られない場合には、プロスタグランジンという薬を使うこともあります。こちらの薬は、経口タイプと点滴製剤の2種類があります。

陣痛促進剤を使う場合ってどういうとき?

予定日を過ぎても陣痛がこない人は意外に多いのです。予定日を過ぎたらどうなるかというと、胎盤の機能が悪くなってきます。胎盤の機能が悪くなると、赤ちゃんがおなかの中にいづらい環境になってしまいます。また、前期破水を起こした場合には、赤ちゃんを感染症から守るため、早く外に出してあげなくてはいけません。微弱陣痛の場合、ママと赤ちゃんが疲れないように、できるだけ早く出してあげたほうがよいので、陣痛促進剤を使う必要性が出てきます。

合わせて読みたい

出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩(ぶんべん)は?
出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩(ぶんべん)は?
待ちに待ったわが子との対面!でもやっぱり気がかりなのが、出産費用ですよね。出産で支払わなければならない費用は実際どのくらいなのでしょうか...

陣痛促進剤の痛みってどんな痛み?

おなかの痛み
点滴投与なので、すぐに痛みがこないことが多いです。ただし、少しの量で突然陣痛が起こることがあります。自然の陣痛が緩やかな感じだとしたら、陣痛促進剤を使った陣痛はいきなりやってくるという感じでしょうか。突然やってくるので、痛みに耐え切れなくて吐いてしまったりする妊婦さんもいます。

陣痛促進剤を使って痛みがきたら即分娩(ぶんべん)?

子宮口の開き具合や、児頭の下がり具合によっては、直ちに分娩にはならないこともあります。通常は陣痛が強くなるにつれて徐々に子宮口が開いていきますが、子宮口が全く開いていない状態から陣痛促進を開始すると、子宮口の成熟が追いつかないこともあります。陣痛が強くなってくると、早く産みたい気持ちが強くなるかもしれませんが、この痛みを乗り切れば、赤ちゃんに会えるのだということだけを考えましょう。陣痛が起きている間は、自分の病室のベッドか陣痛室で過ごします。

陣痛促進剤を使うと赤ちゃんは早く生まれてくるの?

これは、陣痛促進剤を使った、使っていないに関わらず、個人差なので関係ありません。自然の陣痛と全く同じということです。陣痛促進剤とは、陣痛を促すためのものであって、出産を早めるものではありません。投与してからあっという間だったという人もいれば、何十時間かかったという人もいるので、陣痛促進剤と赤ちゃんが出てくるスピードは全く関係ないということです。

一人目自然分娩、二人目促進剤を使ったけど痛みが違う

先述した通り、自然に起こる陣痛は緩やかに時間と共にきつくなってきます。陣痛促進剤を使った場合は、薬の量が少量変わっただけで、痛みの強さが激的に変わってしまうことがあるのです。どこの病院でも、できるだけゆっくりと落ちる点滴を使っているはずですが、あまり効かないときには投与量を増やすしかないので、そういったときに痛みが急激に変化します。

合わせて読みたい

出産するにはまだ早いぞー!陣痛のいきみ逃し方法は呼吸法?ツボ押し?
出産するにはまだ早いぞー!陣痛のいきみ逃し方法は呼吸法?ツボ押し?
初めてのお産は不安だらけですが、事前に準備していれば、ぶっつけ本番のお産とはすいぶん違ったお産になるはずです。陣痛のエピソードはあふ...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る